目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻尖形成術を応用した修正術

他院修正術の際によく行う施術のひとつとして、当院では鼻尖形成術(団子鼻解消術・鼻尖縮小)が挙げられます。一般的には鼻尖形成術はだんご鼻を解消するための手術ですが、当院では「鼻筋を高くみせたい」「プロテーゼを抜去しつつも高さを維持したい」「鼻をすっきりさせたい」などの修正術の際にも活用することがあります。

なお、当院で行っている鼻尖形成術は、一般的な軟骨を中心部に寄せる鼻尖形成術とは手技が多少異なり、中心部に寄せる前に軟骨を一度折り曲げてスジを入れて固定するという独自の方法を採用しています。そのため他院で言われるような「鼻尖形成術の術後に鼻が上向き(アップノーズ)になった」という症状が起きることはほぼありません。

この手法を行うことで、プロテーゼがなくとも鼻先に高さを出すことができたり、全体的に鼻を細く見せることができるなど、鼻の整形術において比較的幅広く応用ができるため、様々な修正術で活用しています。

〇実際の症例


症例1)プロテーゼを抜去しつつ高さを維持する

プロテーゼ抜去後に鼻尖形成術によって高さを維持した症例です。
抜去後も程同じ高さを維持できているのではないでしょうか。
さらに、術前はプロテーゼの先端によって鼻先に角ができてしまっていたのが術後にはなくなり、アーチ上の鼻尖になっています。
なお他院の場合、「プロテーゼを抜きたい」と言ったご相談に対して鼻尖形成術を行わずに抜去のみを行うケースもあるようですが、プロテーゼを抜いただけだと術後に鼻尖が横に広がって小鼻が広がってしまうケースが良くあります。そのため当院では鼻尖形成術を併用することが多いです。

症例2)アップノーズ(鼻先が上向きになった状態)の改善

「鼻尖形成術をするとアップノーズになる」と心配される方もいらっしゃいますが、当院では逆に、鼻尖形成術によってアップノーズを改善した症例も多くあります。
この方は他院でプロテーゼ挿入を行ったところアップノーズ(鼻がうわ向きの状態)になってしまったという症例です。触診で確認したところ、L字型プロテーゼによって鼻先が押し上げられてしまっている可能性があったため、プロテーゼ抜去を行うとともに、今回は鼻尖形成術の単独施術よって鼻先に高さを出すことにしました。
実際に術後の写真を見ていただければと思いますが、鼻尖形成術だけでも鼻先にしっかりと高さをだすことができているのではないかと思います。アップノーズもしっかり改善されています。

症例3)鼻先の変形

他院でプロテーゼ入替えの修正術を行った後に違和感が生じたため、改めて抜去を行ったところ鼻先がねじれてしまったという症例です。
ねじれてしまった鼻尖を整えるべく、軟骨移植による鼻尖形成(だんご鼻修正)を行うことにしました。前回のプロテーゼ抜去の際に生じた組織の癒着を丁寧に剥離しながら作業を進める必要があるため緻密な作業となります。癒着を剥がしながら耳の軟骨を採取し、鼻先に軟骨を挿入するためのポケットを作成して、正しい位置に軟骨を配置し固定します。文字にすると簡単に見えるかもしれませんが、いずれも細かな操作が続くため集中力と技術力が問われ、大変難易度の高い作業になります。
この方の場合はほとんど術後の腫れなども生じませんでしたが、一般的に修正術では1回目よりも術後の腫れ・内出血などは大きく生じることが多いです。



いずれも文字にすると簡単に見えるかもしれませんが、修正手術は一度目の手術によって生じた組織の癒着や瘢痕を丁寧に剥離してから修正術を行うこととなるため、一度目の手術よりも難易度が高い上に術後のダウンタイム(腫れ・内出血)も長くなることが多いです。失敗したからといって簡単に修正手術を検討するのではなく、できるなら一度目の手術で理想通りの状態になるように、医師選び、クリニック選びは丁寧に行うことをお勧めします。

閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP