目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

技術不足な医師に多いミス(眼瞼下垂の例/眠たそうな目)

本ページでは、手術の前に「執刀する医師の症例写真を確認する」ことがどれほど大事かを事例とともに解説します。今回は「二重整形手術で眠たそうな目になった」という症例を取り上げます。

二重整形の手術後に「眠たそうな目になった」という相談がここ数年本当に増えています。眠たそうな目になる他、黒目にまぶたが被さる、目が開けにくくなるなどの症状も多くみられます。これらの症状は、挙筋腱膜やミュラー筋が正しい位置に固定されてないこと、また瞼板前組織が切除されすぎていることが原因で、この2つが同時に起きていることもしばしばあります。
このようなケースの修正手術では、挙筋腱膜・ミュラー筋の位置を調整し再固定し、切除されすぎた瞼板前組織に代替となる組織を埋め込み、再び二重のラインを作るという作業が中心となります。

…と一言で書くととても簡単なことに見えますが、挙筋腱膜・ミュラー筋をどの部分に固定するかは眼瞼下垂の手術を何度も行った医師でなければなかなか感覚として掴むことが難しいですし、瞼板前組織へ再度組織を充填するという作業は瘢痕を剥離しながら行う作業となるため指先の器用さ、集中力、そして迅速に作業を行う正確さなどが必要となります。
多くのクリニックが二重整形・眼瞼下垂術を行っていますが、価格だけではなく医師の技術力や経験という点も事前にしっかり確認するようにしてください。

〇実際の症例

実際の「眠たそうな目が気になる」症例について具体例を示します。

例1)ラインが離れすぎて眠たそうな目になった症例

▼修正前(左)
ラインがまつ毛から離れすぎており、眠たそうな目元になっています。
また閉瞼時の写真を見ると、瞼に凸凹が目立つのがわかります。

▼修正後(右)
二重ラインを狭めたことで、二重がくっきりとついています。
また閉瞼時にもまぶたの凸凹や傷が目立たなくなりました。

例2)ラインがハムのように膨らんだ二重ラインの症例

▼修正前(左)
来院された時の目元の状態です。
眠たそうな上に二重ラインがぷっくりと膨らんでいるような状態になっています。

▼修正後(右)
切開を行い内部組織の調整を行いました。
二重ラインが落ち着いているのがわかるかと思います。

例3)眠たそうでぷっくり膨らんだ二重ラインの症例

▼修正前(左)
幅広二重を希望したところ、眠たそうな目になったという典型的な症例です。

▼修正術(右)
初回の手術による癒着を丁寧にはがし、挙筋腱膜などの位置を調整しました。
この方は修正手術による腫れが完全に引くのに1年ほどかかっています。

例4)ラインが薄く不自然で眠たそうな目元の症例

▼修正前(左)
他院で眼瞼下垂術を行ったのですが、二重ラインがとても薄い上にラインも不自然で、さらに眠たそうな目になってしまった症例です。

▼修正術(右)
挙筋腱膜が上に移動してしまっていたため位置を調整しました。

<症例写真に関する情報>
治療名:二重整形の修正(切開法・部分切開法) 費用:648,000円 
治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、浮腫みなど

閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP