目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

「仕上がりを術前にイメージできるか?」が医師選びのカギ(鼻編)

特に鼻の整形では、ほんの少しのライン調整が術後の形状に大きな影響を与えます。もちろん、事前のカウンセリングで患者さんのご要望や理想をしっかりと伺いますが、最終的には医師がそのイメージを自分でどう咀嚼するかという点が仕上がりを左右すると考えています。
これは医師が症例を積み上げることで美的感覚やデザインセンスを養うしかありませんが、中には何症例行ってもなかなか上手くできないこともるようです。また、二重ラインであればブジーという専用の器具を使って術後のラインのイメージを患者さんと確認することができますが、鼻の場合はなかなか事前に術後のイメージを共有しにくいこともあってか、鼻の整形後のラインに納得がいかない、整形で失敗したと感じる、などの相談を多くいただきます。
患者さんが理想としている鼻のデザインやラインを、医師がカウンセリングの段階で的確にイメージできているかどうかがポイントになるのですが、このように言葉でいうと簡単に聞こえるかもしれませんが、これはセンスの問題も大きく沢山の症例を積み重ねないとなかなか難しいと思います。

〇実際の症例

鼻の整形において、ほんの少しの調整で仕上がりのラインイメージが変わった症例は多数あります。いずれも修正手術となるため、実際には一度目の手術よりも難易度が上がっています。切開後に前回の手術で生じた癒着の剥離処理などデザイン調整の他にも緻密な作業が増えています。

1)鼻先が高くなりすぎた

他院で鼻尖形成術を行ったところ、鼻先が高くなりすぎたと相談に来られた症例です。横から見ると特に顕著で、鼻先に高さが出たことで、鼻全体が大きくなりすぎている印象があります。
本症例では、鼻尖に移植された軟骨を一旦取り出してボリュームを調整した上で再度鼻先に戻すという修正作業を行いました。鼻の整形ではオープン法とクローズ法があり、一般亭には術後の傷跡が目立たないためクローズ法が好まれる傾向がありますが、修正手術の場合は初回の手術で前医がどのような内部処理をしているのか切開してみないと分からないため、オープン法でしっかり内部組織の状態を確認しながら行うことがほとんどです。

症例解説の詳細はこちら

2)鼻先が長くなりすぎた
修正前(来院時)
修正後(手術後)

他院で鼻中隔延長法と鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行った症例です。横から見ると鼻筋が長くなりすぎて、鼻先も尖って見えるのが気になるとのことで相談に来られました。
術前のカウンセリングで「できるだけ鼻を高くしたい」と患者さんに言われた際に、どの程度の高さに調整するかは医師のデザイン力によるところが大きいです。鼻の場合は黄金比等を参考にされる医師もいるようですが、一人ひとりの顔立ちにあわせてデザインするほうが失敗することはないのではないかと考えています。

症例解説の詳細はこちら

3)鼻先が下を向ているのが気になる
修正前(来院時)
修正後(手術後)

他院でプロテーゼ挿入を行った方です。斜め、横から見ると確かに鼻先が下方を向いており重たく見えます。術後の満足度を確認すると、鼻が下を向いているのとあわせて全体的にもう少し鼻を高くしたいというご要望もあったため、修正手術ではプロテーゼ入れ替えとあわせて鼻尖形成術を行いました。

術後の写真では、プロテーゼ入れ替えと鼻尖形成術によって鼻先がツンと前方に出ているのがわかるかと思います。本症例のように、患者さんの希望を医師がどのように咀嚼するかは美容整形においてとても重要なポイントで、医師の経験や症例数、さらにはデザインセンスによるところが大きいでしょう。

症例解説の詳細はこちら

4)もう少し小鼻を小さくしたい
修正前(来院時)
修正後(手術後)

すでに他院で2回に渡って小鼻縮小を行っているものの、「もう少し小鼻を小さくしたい」とのことで来院された方です。医師のイメージと患者さんのイメージが違うからこそ、2回の手術を行ったもののそれでも「もっと小さくしたい」という結果になっています。

すでに2回手術を行っているため手術部分の組織が硬くなっている上に、内部組織も癒着がかなり生じていることが術前から想定されたため、3度目の手術はこれまで以上に慎重に進めなければいけません。また小鼻は切除ラインの取り方によっては小鼻の膨らみがほとんどなくなってしまうこともあるため、内部組織の状態を確認しながら作業を進めつつ、丸みを残して小鼻を小さくするという総合的な技術力が求められます。

術後の写真では、丸みを残しながらも小鼻の出っ張った部分をがかなり小さくなったのが伝わるかと思います。

症例解説の詳細はこちら


鼻の整形においては、患者さんと医師が同じ仕上がりイメージを事前に共有できているかという点がポイントになります。症例を重ねて技術を積み重ねていくことはもちろん、美的感覚やデザインセンスも磨いていくことが美容整形では大きく求められます。

PAGE TOP