目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

韓国で鼻中隔延長を行ったところ長くなりすぎた症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・韓国で鼻中隔延長、ゴアテックス隆鼻術、鼻尖形成術(鼻尖軟骨移植)を行ったところ鼻先が長くなりすぎた
・また鼻先が長くなったため下向きになった
・鼻先が大きくなった気がする

■当院医師の見解

最近は韓国で美容整形を受けてくる方も増えてきています。今回の方は、鼻筋を高くするために韓国で鼻中隔延長、ゴアテックス隆鼻術、鼻尖形成(鼻尖軟骨移植)を行ったところ、鼻先が長くなりすぎて大きくなってしまったため当院に相談に来られました。

「鼻先が長くなりすぎ」な点を気にされていたので、今回は鼻中隔延長の修正術によって、長さを調整する手術を行うことにしました。

術前と術後の様子を先にご覧頂ければと思います。

※左から:下から見た術前(写真3)・術後(写真4)、斜めから見た術前(写真5)・術後(写真6)、横から見た術前(写真7)・術後(写真8)



斜めからみた写真では鼻先のぼってりした感じが改善しているのが伝わるかと思います。また横から見た写真では、下向きだった鼻先が少し短くなっているのが分かるかと思います。

ご本人が気にされている「鼻が長くなりすぎ(下向きすぎ)」な部分を改善するために、鼻中隔延長術によって延長された軟骨部分を調整する作業を行います。
調整するにあたっては、一度前医によって挿入された軟骨を綺麗に露出し、改めて調整をした上で再度挿入するという細かな作業が必要になります。また術中に仕上がりのデザインをイメージして作業を進める必要があるため、技術力はもちろん、医師の経験やセンスも問われることになります。

■手術について

皮膚を切開した状態です。(写真9)

鼻柱に見える白いものが軟骨で、鼻尖形成術によって移植された軟骨と、鼻翼軟骨、そして鼻中隔延長された軟骨がひとつの塊状にまとまっています。

この軟骨の塊を少しずつ剥がしていきます。(写真10)
それぞれの軟骨が別々の塊に剥がされたのがわかりますでしょうか。

さらに軟骨を細かく分けていくと、鼻の奥の方に鼻中隔延長術による軟骨を発見しました。ピンセットで摘まんでいる、黄色の矢印で示した部分です。(写真11)

この部分の軟骨を調整して、さらに先ほど離した軟骨を改めて適切な位置に固定しながら計上を整えます。

「鼻先が長くなりすぎたから、鼻先に入れた軟骨を少し切る」という操作だけで元に戻るというわけではなく、もっと複雑な作業を行っていることをご理解頂けましたでしょうか。



※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後1週間の様子です。
今回は鼻先のみの操作だったため、それほど腫れは大きくありません。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

海外で手術を受ける際には、国や文化が異なることで生じる「美的感覚の違い」があることを事前に理解した上で手術を行うようにしてください。また言葉の壁もあるため日本でカウンセリングを行う時以上に、しっかりとご自身の要望やイメージを伝えるようにすることが大切です。

■手術における副作用・デメリットなど

一度手術を行った部分を再度切開し、瘢痕などを剥離しながら進める修正手術(やり直し手術)は、一度目の手術よりもダウンタイムが長くなる傾向にあります。半年から1年程度かけてゆっくりと腫れや赤みが引いていくため、その点を事前にしっかりと理解していただきたいと思います。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻中隔延長の修正(形状の修正のみ)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

鼻尖形成術で鼻の穴が小さくなりすぎた他院症例の修正 鼻の穴

他院で小鼻縮小、鼻尖形成(団子鼻修正・鼻尖軟骨移植)、鼻中隔延長を行った方です。 鼻の穴が小さくなり、鼻先が太くなってしまった症例です。鼻の穴の内側の皮膚が厚くなってしまっている他、左右差もあります。…

詳細解説はこちら

韓国で鼻尖修正をやりすぎ鼻先が尖ってしまった症例 鼻尖形成のやりすぎ

韓国の美容外科で鼻中隔延長術、鼻尖形成(鼻尖軟骨移植)を行ったところ、術後の鼻先や鼻筋が不自然になり、整形に失敗したように感じると相談に来られた方の症例です。 しっかりと高さも長さも出ているのですが、…

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。 前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP