目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻中隔延長・鼻尖形成後に鼻先が角ばってしまった症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術を行ったところ、鼻先が不自然になった
・横から見ると鼻先が角ばっている

■当院医師の見解

他院で鼻中隔延長術と鼻尖形成術(鼻尖軟骨移植)を行ったところ、鼻先に左右差が生じた上に鼻先が角ばってしまい、修正手術(やり直し)の相談で来院された方の症例です。実際に拝見すると、鼻中隔延長で移植した軟骨と鼻尖に移植した軟骨の位置関係に問題があり、左右差やねじれが生じてしまっています。
こういった場合、鼻中隔に移植した軟骨と鼻尖軟骨の位置関係を調整することで滑らかなラインに変えることができますが、実際にこの作業を行うには高い技術力が求められます。

■手術について

術前、術後を横から見た状態です。(写真3,4)
術後の写真では、鼻中隔に移植した軟骨と鼻尖の軟骨の位置関係を調整した結果、鼻先のラインが滑らかになっています。



術中の様子です。(写真5)黄色の矢印が示す部分にある白いものが移植した軟骨です。形が変形している上に配置が雑な状態になってしまっています。これらの軟骨を一度全部剥離して再度適切な位置に配置します。特に軟骨は移植することで硬くなってしまっているためこれらを剥がすのはかなりの根気と労力が必要になります。また適切な部分に再度配置するには技術力と経験値が必要になります。


適切な箇所に配置した状態です。(写真6)なんとなく、すっきりとした状態になっているのがお分かりいただけますでしょうか。

■術後の様子

術前と術後1か月の写真です。なかなか写真では術前の小鼻の違和感が伝わりにくいかもしれないですが、実際には不自然な凹凸がなくなり滑らかな小鼻になっています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

鼻中隔延長、鼻尖修正(鼻尖軟骨移植)は鼻の整形手術としてオーソドックスなもののため多くのクリニックで行われていますが、同じ手術内容でも、医師の技術力やデザイン力によって仕上がりが大きく異なります。特に美容整形の場合は美的感覚が問われることも多いため、手術をする前に担当する医師の症例写真などを確認することをお勧めします。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、初回の手術によって生じた癒着などを元に戻した上で行う手術になるため、一度目の手術よりも術後の経過改善に時間がかかることが多いです。また一時的に状態が悪化して見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻中隔延長の修正(形状の修正のみ)
648,000円
鼻尖形成術修正(だんご鼻解消術・鼻尖軟骨縫縮術)
324,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼが短くて鼻筋に段差ができた他院症例修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、正面のラインは気に入っているものの、斜めや横から見た際の鼻筋の段差が気になるとご相談に来られたケースです。 挿入したプロテーゼが短かったために鼻筋に段差ができたとい…

詳細解説はこちら

他院で鼻尖形成をしたものの左右差が改善しなかった症例 小鼻の左右差

もともと小鼻に左右差があり(右側が大きい)、この小鼻の左右差改善とあわせて鼻を高くするために他院で鼻尖形成術を行ったところ、結果に納得がいかない・失敗した気がすると相談に来られたケースです。 来院した…

詳細解説はこちら

プロテーゼの形状があわずアップノーズになった症例 プロテーゼの違和感

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先が上を向いた状態(いわゆるアップノーズ)になってしまった症例です。 前から見ると鼻の穴が良く見えてしまっており、横から見ると鼻先が上方向に上がってしまっているの…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP