目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

プロテーゼ挿入・鼻中隔延長で鼻が変形した他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院でプロテーゼ挿入・鼻中隔延長術を行ったところ、次第に鼻が変形してきた
・特に鼻先に左右差が生じ、右の小鼻がつまんだような状態になっている

■当院医師の見解

鼻筋のある高い鼻にしてもらおうと、他院で鼻中隔延長術とプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻が変形してしまい外出できなくなったという相談で来られた方です。
確かに右側の鼻先がつまんだように変形してしまっています。これは移植した軟骨の形や配置が適切ではないために起きてしまった症状です。修正するためには一度元に戻す作業を行わないといけません。

前医に元に相談に行かれたそうですが、「3ヵ月は経過しないと再手術はできない」と断られたとのこと。通常であれば術後は組織が落ち着くまでは様子を見ることが大事ですが、今回のように変形してしまっている場合は、このまま放置すると組織が固定してますます修正手術の難易度が高くなります。よってできるだけ早く修正を行うことがポイントになります。

■手術について

プロテーゼを取り出した状態です。
実際に手術を行ってみると、まずは挿入されていたプロテーゼがかなり短かったことがわかりました。この長さでは安定性が悪く鼻筋が斜めになってしまう可能性があります。



さらに前医による鼻中隔延長術の状態を確認しました。(写真9)
黄色の矢印が差している部分にある黒いものが軟骨移植後に固定した糸ですが、この部分では固定が弱いため、糸(写真10)を全て摘出しました。そして一度軟骨を剥離してから、再度適切な場所で固定をします。

調整後の状態です。(写真11)全体の組織がまっすぐにバランスよくなっているのが伝わればと思います。
またこれだけでは右の小鼻のゆがみが改善されなかったため、新たに軟骨移植を行いました。(写真12)

■術後の様子


術後5日目の抜糸時の写真です。(上3枚)
プロテーゼ抜去、軟骨移植の再調整など複数の操作を行いましたがそれほど腫れが生じていません。

術後1か月の様子です。(下3枚)
腫れもほぼ落ち着いています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

プロテーゼ挿入、鼻中隔延長は、鼻の手術の中でも比較的オーソドックスなものですが、担当する医師の技術力やデザイン力によってはイメージと異なる結果になったり、左右差、や凹凸などが生じることもあります。価格や知名度だけでクリニックを選ばずに、担当医師が過去に行った症例写真を事前に確認するなどで、できるだけ失敗や後悔のない手術を行うようにしていただきたいです。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は前医による手術によって生じた内部組織の癒着の程度などによって手術の難易度が大きく異なります。またそれにあわせて術後の腫れ、内出血、赤みといったダウンタイムも変わってきます。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻中隔延長の修正(軟骨移植の追加)
756,000円
シリコン抜去(他院)
183,600円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼを抜去しつつ鼻の高さを維持させた症例 違和感

違和感があるため、他院で挿入したプロテーゼを抜去したいというケースです。さらにプロテーゼは抜きたいものの、できれば高さは維持したいという希望でした。 他院にこのような相談をすると、「プロテーゼを抜いて…

詳細解説はこちら

鼻中隔延長のやりすぎで高くなりすぎた鼻を程よくする他院修正術 鼻中隔延長のやりすぎ

他院で鼻の手術(鼻中隔延長術、鼻尖形成)を行ったところ、高くなりすぎたという症例です。 鼻中隔延長術は鼻先(鼻尖)に高さを出すことができる手術ですが、どの程度高くするかは担当医とよく話し合うことが大切…

詳細解説はこちら

他院で鼻尖形成をしたものの左右差が改善しなかった症例 小鼻の左右差

もともと小鼻に左右差があり(右側が大きい)、この小鼻の左右差改善とあわせて鼻を高くするために他院で鼻尖形成術を行ったところ、結果に納得がいかない・失敗した気がすると相談に来られたケースです。 来院した…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP