目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻尖形成で鼻先が長くなりすぎた他院症例の修正

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋が長くなりすぎた
・鼻先も尖りすぎに感じる

■当院医師の見解

他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋や鼻先が不自然な状態になったというケースです。

手術による変化はしっかり出ているのですが、逆に「やりすぎ」とでも言いましょうか、少し不自然なくらいに鼻先が尖ってしまったのが気になるとのこと。そこで今回は「自然な鼻のライン」に戻す手術を行いました。

■手術について

今回は鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)によって鼻先の状態を修正することにしました。術前・術後4ヶ月の下からみた様子(写真3.4)と斜めからみた様子(写真5.6)です。

術前は尖りすぎていた鼻先が、術後には少し丸みを帯びているのがわかります。斜めから見た写真では、長すぎた鼻先が少し短くなっています。
※画像をクリックすると拡大します。



今回の修正手術では、鼻尖の形状を変更する手術を中心に行っています。(写真7)
と言うと簡単に聞こえるかもしれませんが、実際には手術を行う前に組織がどうなっているのかイメージをしてどの程度操作を加えるのかなどシミュレーションを立てた上で手術を進めていくデザイン力が非常に求められる作業になります。

写真8は術中の写真です。鼻柱を開いて手術を行います。黒い糸で組織が固定されているため、これらを丁寧に剥離して元の状態にできるだけ戻すという緻密な作業を行います。

一度癒着した組織をはがして修復する作業には高度な技術力が求められます。(写真9)

■術後の様子


術後1か月の横・斜めの写真です。

この時点ではあまり大きな変化は出ていません。修正術では、1回目の手術結果や癒着の状態などによって、術後のダウンタイムの強さや長さ、さらに術後の経過が大きく異なります。この方も術後4か月ほど経過して鼻先の状態が理想のバランスになりました。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

鼻に限らず、手術を希望される方の中には、黄金比などの比率を気にする方もいらっしゃいますが、この辺りは一人ひとりの顔立ちやバランスによりますので、それほど気にされないほうがいいと思います。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は初回の手術結果や組織の癒着状態によって、ダウンタイムの長さや強さ、さらに効果がはっきり現れるまでの経過も大きく異なります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成術修正(だんご鼻解消術修正・鼻尖軟骨縫縮修正)
324,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼ挿入によって鼻筋に段差が生じた他院症例の修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻筋の真ん中あたりに段差ができてしまったと相談に来られたケースです。医師の説明によると、「鼻の低い部分にのみプロテーゼを挿入することで最小限の手術に抑えることができ…

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。 前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行い、自家組織で高さを維持させた症例 プロテーゼの違和感

10年以上前に他院でプロテーゼを挿入された症例です。高さは満足しているものの、最近異物感があるため抜去したいという相談でした。 術前の触診でL字型のプロテーゼが挿入されていることが分かった他、鼻先が少…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP