目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

プロテーゼの形状があわずアップノーズになった症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院でプロテーゼを入れたら鼻が上を向いて鼻の穴が目立つ

■当院医師の見解

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先が上を向いた状態(いわゆるアップノーズ)になってしまった症例です。
前から見ると鼻の穴が良く見えてしまっており、横から見ると鼻先が上方向に上がってしまっているのがよくわかります。

術前に鼻の状態を触診した感じでは、鼻の付け根部分はそれほどプロテーゼによって高さが追加されていないこと、またL字型シリコンによって鼻先が上方向に押し上げられてしまっている可能性が高いという印象を受けたため、以下修正手術を行う計画を立てました。

・プロテーゼは抜去のみ(別のプロテーゼの挿入は行わない)
・鼻先は鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)によって高さを出す

鼻先の高さが不足している場合は、後日改めて軟骨移植を行うことにしました。

■手術について

治療計画通り、プロテーゼ抜去を行い鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)によって鼻先に高さを出す手術を行いました。

鼻尖形成術を行う際には、縫い合わせる軟骨に丁寧に癖づけをしてから縫縮を行うことで、鼻先にしっかりと高さを出しています。

■術後の様子

術前(左)・術後1か月(右)のそれぞれ斜めと下の写真です。
上向きになった鼻先が改善されているのがわかるかと思います。



今回の手術で摘出したL字型プロテーゼです。

全体的に高さはそこまでありませんが、L字になった直角部分(鼻先)に高さがかなりあるのがわかります。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

鼻先を高くする手術として、L字型プロテーゼを使用して手術を行っているクリニックも多いですが、今回のように鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)によって鼻先に高さを追加することも可能です。
どの手術法がよいかは鼻の形や希望のラインなどによっても異なりますが、術後のデザインを手術前にイメージできるかどうかといった医師の経験値もポイントになります。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術では、一度手術を行った部位を再度切開し癒着等を剥離しながら手術を行うため、1回目の手術よりも腫れ・赤み・内出血などが生じやすくなります。またダウンタイムの期間も3か月から半年程度続くこともあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

シリコンプロテーゼ抜去(他院)
183,600円
鼻尖形成術(だんご鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)
324,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

できる限り高さを維持しつつ32年前のプロテーゼを抜去した症例 プロテーゼの違和感

ここ数年、鼻に挿入したシリコンプロテーゼを抜去したいという相談を頂くことが増えています。中には「時間の経過とともにシリコンが飛び出してくることはないか」「次第にプロテーゼが皮膚から浮き出してくるのでは…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行い、自家組織で高さを維持させた症例 プロテーゼの違和感

10年以上前に他院でプロテーゼを挿入された症例です。高さは満足しているものの、最近異物感があるため抜去したいという相談でした。 術前の触診でL字型のプロテーゼが挿入されていることが分かった他、鼻先が少…

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が長くなりすぎた他院症例の修正 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋や鼻先が不自然な状態になったというケースです。 手術による変化はしっかり出ているのですが、逆に「やりすぎ」とでも言いまし…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP