目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

プロテーゼを抜去せずに鼻尖修正のみで鼻先を調整した症例(他院修正)

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で鼻尖縮小術やプロテーゼ(シリコン)隆鼻術を行ったところ「いかにも整形をした」感じになったため自然な形にしたい。

■当院医師の見解

他院にて鼻尖縮小術と、鼻尖部に耳介軟骨移植術、プロテーゼ(シリコン)隆鼻術を行った方の症例です。

術後に「整形したの?」と周囲の人に聞かれるようになったため自然な鼻の形にしたいとのことでご来院されました。

鼻の高さは気に入っており、鼻先が原因で整形をしたように見えているとのことでしたので、修正術では鼻尖(鼻先)の形状に変化を加えることを目的として治療計画を立てました。前医がオープン法で行っているため、同じ傷の部分を再利用して手術を行うことにしました。

なお、今回は鼻尖(鼻先)のみの修正となるため、挿入されているプロテーゼは抜去せずに鼻尖形成修正と移植軟骨修正術にて行っています。

上の正面から見た写真は、術前(写真1)と術後6か月(写真2)の変化です。

この写真だけを見ると、「どこが変わったの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

今回のような「いかにも整形をした感」が生じてしまうのは、ほんの少しの鼻尖(鼻先)の形状によることが多く、今回の修正術でも正面から見た印象にはほとんど変化を加えることなく修正を行っております。

■手術について

斜めから見た写真です。術前(写真3)と術後6か月(写真4)の様子です。

この角度でもおそらく大きな変化を感じることはないのではないかと思います。

横から見た術前(写真5)と術後6か月後(写真6)の様子です。

横から見た2枚の写真を比較すると、鼻尖(鼻先)がわずかに丸みを帯びている点にお気づきいただけますでしょうか。

症例写真で見るとほんのわずかの差にしか感じないかもしれませんが、実際に会って鼻の形状を見ると、術前後の違いはかなり異なって見えます。

このようなほんの少しの差によって、周囲に指摘される「整形した感」を打ち消すことができます。実際に患者様からも、術後は人から指摘を受けることが無くなったとのことで大変喜んでいただきました。



ここからは実際の修正術の様子です。

術中初見(写真7)では、前医による手術はとても丁寧に行われており、組織の損傷などもほぼありませんでした。


ここから、鼻翼軟骨の一度を再度修正し、また前医によって鼻尖(鼻先)に挿入された軟骨の位置を調整するという作業を行っています。(写真8)

ほんの少しの微調整ではありますが、このように「少しの差」が術後の結果に大きく関係する点をご理解頂ければと思います。

※本症例(鼻尖修正)における形状の変化過程はブログにてご紹介しております。
新宿山本クリニックブログはこちら

※本症例(鼻尖修正)における傷の経過についてはnoteにてご紹介しております。
新宿山本クリニックnoteはこちら

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンが含まれておりますのでご注意ください)

■術後の様子

正面から見た術前と術後6か月後の様子を再掲します。術後6か月の段階でほぼ赤み、腫れはなくなっているのではないでしょうか。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

術後の形状に対する違和感が起きないようにするには、手術の際には事前に担当する医師の「美的感覚」を症例写真などからできるだけ読み取るようにすることがポイントになります。

また、今回はほんの少しの調整を行う修正術ではありましたが、2回目の手術となる修正術は一度目よりも手術の難易度が上がる上に術後の経過が長引くことが多いです。できるだけ一度の手術で理想の形状になるよう、医師選びは慎重に行うことをお勧めします。

■手術における副作用・デメリットなど

一般的に修正術は、初回の手術によって生じた癒着や瘢痕を剥離するなどの作業などが発生するため、初回手術よりも術後の経過が長引く可能性があります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖移植修正
¥440,000
鼻尖形成修正(形状)
¥396,000
オープン法
¥110,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼ挿入によって鼻筋に段差が生じた他院症例の修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻筋の真ん中あたりに段差ができてしまったと相談に来られたケースです。医師の説明によると、「鼻の低い部分にのみプロテーゼを挿入することで最小限の手術に抑えることができ…

詳細解説はこちら

他院での鼻整形後、鼻尖形成術などで全体をすっきりさせた他院修正 鼻尖形成のやりすぎ

鼻全体の形が気になるため、他院にて鼻尖部の耳介軟骨移植とあわせてBNLS注射を何度か行ったものの、まだ鼻全体が重たく感じるためすっきりさせたいという症例です。 術前と術後3か月の変化を見ていただくと、…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行いつつ鼻の高さを維持させた症例 違和感

他院で挿入したプロテーゼを抜去したいというケースです。抜去するもののできるだけ鼻の高さを変えたくないため、異物を入れない形で鼻を高く見せる手術を行うことになります。

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP