目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

小鼻縮小後に左右差が生じた症例(他院修正)

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で小鼻縮小術を行ったところ、左右差が気になるようになった

■当院医師の見解

他院にて小鼻縮小術を行ったところ、術後の小鼻に左右差が生じたことを気にしてご来院された方の症例です。

ご来院された際に小鼻の状態を確認したところ、ご本人のお悩みももちろん理解できるものの、このような左右差を修正術によって揃えることは難易度も高いことが多いため、事前にその点をご本人にお伝えしました。その後も色々と話をした結果、「少しでもよくなるなら手術を受けたい」というご希望があったため、今回は修正術を行うこととしました。

小鼻の左右差とあわせて鼻尖形成も行いたいとのことでしたので、今回は、小鼻縮小修正とだんご鼻解消術をあわせた鼻尖縮小術を行っています。

術前(写真1)と術後6か月目(写真2)の状態です。

小鼻の左右差が若干改善したのとあわせて、小鼻の付け根の位置が変わっていることがお分かりいただけますでしょうか。

■手術について

術前(写真3)と術後6か月後(写真4)の様子を下から見た状態です。

2枚の写真を比較すると、鼻の穴の左右差が改善されているのがお分かりいただけるかと思います。



この方の場合、1回目の手術の際にもともとあった左右差を前医が考慮せずに手術を行ったことで、「小鼻を小さくする方向」に問題が生じてしまったように感じました。

そのため修正術では、皮膚切開の範囲は最小限にして、中縫いなど表側に出ない部分の処理によって、小鼻の形や方向に変化を出す方法で手術計画を立てました。

手術デザインもお見せします。(写真5.6)

切除皮膚範囲が最小限に抑えられていることがお分かりいただけますでしょうか。


このような左右差の改善には、左右差を考慮したデザインを事前に行うこと以上に、縫い合わせ時の糸の方向や力のかけ方、糸の締め具合といった「中処理の修正力」がより重要なポイントになります。

前医の手術においては、もともとの左右差を考慮し、上記のような中処理の調整を行っていれば、結果が異なっていた可能性も高いのではないかと考えられます。


本症例(小鼻縮小修正)の傷の様子についてはブログでもご紹介しています。
>新宿山本クリニックブログはこちら

noteでもまた異なる形で症例解説をしておりますのでよろしければご覧ください。
>新宿山本クリニックnote詳細はこちら

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンが含まれておりますのでご注意ください)

小鼻縮小修正術(鼻翼縮小修正術)

鼻尖形成術(だんご鼻解消術)

■術後の様子

術前と術後6か月後の下から見た様子を再掲します。

今回は腫れは生じておりませんが、修正術においては、初回の手術よりもダウンタイムが長くなるケースが多いです。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

他院で小鼻縮小術をされた方から「小鼻が潰れたような感じになった」「小鼻を小さくする手術をしたのに逆に大きく見えるようになった」といったご相談をいただくことが多くあります。同じ手術であっても、手術を担当する医師が異なっていれば全く別のものになってしまうということは何度も述べている通りです。

またクリニックによっては、予約で込み合っている際には手術枠が非常に短く設定されていることもあるようです。手術時間枠が短いと、患者様一人ひとりの左右差などまでしっかり考慮した上でデザインや手術を行う時間も無くなってしまうため、手術を検討される際には、そういったクリニックの体制の部分も事前に確認しておくことをお勧めします。

美容整形を成功させるためには、担当医としっかりと話し合うことが最も大事であるといっても過言ではありません。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術は、初回の手術によって生じた瘢痕組織を剥離する作業などがあるため、1回目の手術よりも術後の腫れ、赤み、内出血が長引く可能性があります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

小鼻縮小修正術
¥462,000
だんご鼻解消術
¥330,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼが短くて鼻筋に段差ができた他院症例修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、正面のラインは気に入っているものの、斜めや横から見た際の鼻筋の段差が気になるとご相談に来られたケースです。 挿入したプロテーゼが短かったために鼻筋に段差ができたとい…

詳細解説はこちら

他院での鼻整形後、鼻尖形成術などで全体をすっきりさせた他院修正 鼻尖形成のやりすぎ

鼻全体の形が気になるため、他院にて鼻尖部の耳介軟骨移植とあわせてBNLS注射を何度か行ったものの、まだ鼻全体が重たく感じるためすっきりさせたいという症例です。 術前と術後3か月の変化を見ていただくと、…

詳細解説はこちら

プロテ―ゼを抜いても鼻の高さを維持させた症例 プロテーゼの違和感

過去にプロテーゼを挿入したものの抜去したいという方の理由は様々で、「違和感がある」「異物を挿入していることに抵抗がある」「変化がほとんどなかったので抜去したい」「鼻が曲がった」といったケースがあります…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP