目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

他院で行った鼻尖形成を「ほんの少しだけ」すっきりさせた他院修正

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・鼻先をもう少しだけボリュームダウンしたい

■当院医師の見解

他院にて鼻尖形成・鼻尖部軟骨移植術を行ったものの、もう少し鼻先をすっきりさせたいという方の症例です。

この方のように、他院で鼻の整形を行った後に「少しだけ小さくしたい」「もう少しだけ変化が欲しい」といったご相談をいただくことはよくあるのですが、実際にはこの「もう少しだけ」という変化は非常に難しく、変化の度合いが小さくとも実際の手術はとても難易度が高いものになります。

単純にほんの少しだけ修正をしようと修正手術を行っても、術後の状態に変化がほぼ出ないことが多いからです。

そのため術後のイメージを、手術前・手術中から具体的にシミュレーションした上での繊細な手技が必要になります。今回の方も同様で、「ほんの少しの変化」を出すために、手術中に様々な手技を加えています。

先に症例をお見せします。

術前・術後3か月の様子です。(写真1.2)
鼻先が術前よりも若干すっきりしている感じがお分かりいただけますでしょうか。

斜めからの写真です。(写真3.4)
鼻先の丸みが若干ボリュームダウンしているかと思います。


横からの写真です。(写真5.6)
逆に横からの状態はあまり変化が出ないようにしています。

■手術について

今回の手術は細かな作業が発生することが想定されたため、オープン法(鼻腔内と鼻柱を切開して手術を行う方法)にて行いました。

写真内の緑の矢印で示した部分が前回の手術にて移植された軟骨です。(写真7)

修正術では、移植された軟骨の位置や形状を調整する必要があるため、一旦この軟骨を取り出します。写真の緑の矢印で示した部分が移植軟骨です。この部分を少しずつ丁寧に組織から剥がしていきます。(写真8)

鼻翼軟骨の調整が終了したら、先ほど取り出した移植軟骨の形状を整えたものを、再度鼻先に移植します。(写真9)

写真は移植する軟骨を鼻先に置いてみた状態です。(写真10)
このようにみると、随分鼻先が高くなるのでは?と思われるかもしれませんが、実際に移植をすると程よいバランスで落ち着きます。このあたりは医師の経験値に基づく判断になります。

当院の修正術ではこのような過程を踏んだ上で、仕上がりに「ほんの少し」の修正を加えています。

他院修正術には教科書がないため、クリニックによって考え方も施術方法も異なることが多いです。広告や価格に惑わされずにしっかりと丁寧に対応してくれる医師・クリニックを探すことをお勧めします。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後3か月後の写真を再掲します。
修正術は一般的に、一度目の手術よりも赤み、腫れ、内出血などのダウンタイムが長引くことが多いですが、今回のケースでは3か月ほどで赤み・腫れもかなり引いて来ています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

術後に「ほんの少しの変化」を出すためには、手術も「ほんの少しの手技」を加えればいいというわけではありません。通常の修正術と同じ工程を踏み、さらに細かな微調整を何度も加えて作業を進めていく必要があります。
なお、修正術の具体的な手技は医師・クリニックによって異なるため、事前にしっかりと確認するようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術は、1回目の手術によって癒着した組織を少しずつ剥離して作業を進める必要があります。そのため初回よりも、術後の腫れ、赤み、内出血が長引く可能性があります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成修正(形状修正)
¥330,000
移植物修正(位置修正・摘出等)
¥440,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。 前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見…

詳細解説はこちら

韓国で鼻中隔延長・鼻尖形成をしたところ鼻先が高くなりすぎた症例 鼻尖形成のやりすぎ 鼻中隔延長のやりすぎ

他院(韓国)で鼻中隔延長術と鼻尖形成術(鼻尖軟骨移植)を行った結果、鼻が不自然に高くなりすぎたという症例です。最近はこの方のように海外で手術を受けられる方も増えていますが、特に海外は美的感覚が異なるこ…

詳細解説はこちら

プロテーゼの形状があわずアップノーズになった症例 プロテーゼの違和感

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先が上を向いた状態(いわゆるアップノーズ)になってしまった症例です。 前から見ると鼻の穴が良く見えてしまっており、横から見ると鼻先が上方向に上がってしまっているの…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP