目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

他院にて鼻中隔延長術・鼻尖形成等を行ったあと、鼻の高さと向きを調整した修正術

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で鼻の整形をしたものの、鼻先(鼻尖)が高すぎるのと、鼻先(鼻尖)の向きが下になりすぎているのが気になる。

■当院医師の見解

今回は他院で鼻中隔延長術、鼻孔縁下降術、鼻翼縮小術を行った方の症例です。術前・術後1か月の写真を見比べていただければと思います。(写真1,2,3,4,5,6)
※クリックすると写真が拡大します。


診察の際に鼻の状態を拝見しましたが、私個人の評価としては非常に良い状態だと思いました。とはいえ、形状やバランスに対する価値観は様々です。よって患者さんが納得されてないのであれば修正術を行う必要があります。カウンセリングの際に気になる点や希望などを伺った結果、気になる原因は鼻先(鼻尖)に挿入された軟骨が影響していると判断しました。

そこで今回の修正術では、以下修正術を行うこととしました。

・鼻先(鼻尖)に埋め込まれた軟骨の摘出とサイズ調整
・左右の鼻翼軟骨の形状調整
・鼻先(鼻尖)に軟骨を再移植
・全体の形状の調整(仕上げ)

文字にすると簡単そうに見えますが、前回の手術における各工程をほぼ全てやり直すことになるため、実際にはかなり大掛かりな手術になります。

■手術について

実際の手術の様子です。矢印で示した箇所が移植された軟骨です。この軟骨が大きいため、鼻先に高さが出すぎてしまったことがわかりました。(写真7)
そこでこの軟骨を取り出します。前回の手術によって周辺部位には癒着や瘢痕が生じているため、丁寧に剥離をしないと軟骨に傷をつけてしまったり皮膚に穴をあけてしまう可能性があります。

軟骨を剥離した後は、その下にある鼻翼軟骨を掘り出して、形状やサイズを整えます。(写真8)
再度埋め込む際には、鼻先が太くなりすぎないように細かく調整を行いながら左右の軟骨同士を縫い合わせます。なお、一度埋め込んだ軟骨は硬くなってしまい微調整が難しくなるため、当院では軟骨を柔らかくする工夫も行っています。最初に取り出した軟骨は、サイズや形状を削って調整し、再度鼻先に埋め込みます。この際、移植する場所が適切でないと、術後に軟骨が陥没してしまうこともあるため注意が必要です。


※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術前と術後1か月経過した写真を再掲します。
(写真1,2,3,4,5,6)
気になっていたという鼻先の高さや鼻の向きが調整されていることがわかるかと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

今回は鼻中隔延長術の修正と鼻尖形成術の修正を行いました。いずれも文字にするととても簡単に見えますが、実際には一度目の手術による癒着や瘢痕を丁寧に剥離しながら、患者さんの希望のラインになるように細かく調整を行って進めなければいけません。修正術は、難易度がかなり高い手術であるとご理解いただけると幸いです。

■手術における副作用・デメリットなど

1回目の手術後よりも、赤み、腫れ、内出血などのダウンタイムが長引く可能性があります。また術後に皮下出血を生じることがあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成修正
330,000円
鼻中隔延長修正
660,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼ挿入・鼻中隔延長で鼻が変形した他院症例 鼻に段差・曲がり 鼻中隔延長のやりすぎ 小鼻の左右差

鼻筋のある高い鼻にしてもらおうと、他院で鼻中隔延長術とプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻が変形してしまい外出できなくなったという相談で来られた方です。 確かに右側の鼻先がつまんだように変形してしまってい…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行いつつ鼻の高さを維持させた症例 違和感

他院で挿入したプロテーゼを抜去したいというケースです。抜去するもののできるだけ鼻の高さを変えたくないため、異物を入れない形で鼻を高く見せる手術を行うことになります。

詳細解説はこちら

プロテーゼ挿入・抜去によって鼻筋がねじれた他院症例の修正 鼻の曲がり 小鼻の左右差

他院でプロテーゼ差し替えを行ったものの、術後に違和感が出たため抜去を行ったら今度はプロテーゼを抜いても湾曲した状態が残ってしまったという症例です。 術前の写真を見ていただくと、左右の小鼻が右上がりの状…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP