目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

「小鼻縮小術をしたけど、もう少し小鼻を小さくしたい」小鼻縮小の他院修正術

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で小鼻縮小術を受けたものの、もう少し小さくしたい。

■当院医師の見解

他院で小鼻縮小術を行ったものの、もう少し小さくしたいとのことで当院に来院された方の症例です。修正手術を行えば、ご本人の希望通りに小鼻をもう少し小さくすることは可能ですが、その際に気を付けないといけないことがあります。それは、「小鼻を小さくするあまりに、小鼻のふくらみが一切なくなってしまう」という事態です。実際に、他のクリニックですでに2回目の小鼻縮小術をされた方で、小鼻が切られすぎてふくらみがなくなってしまったケースに出会うことが増えています。小鼻は一度切りすぎると改めてボリュームを出すのが難しい部位ですので、修正手術をする際には術後のデザインを事前にイメージした上で慎重に行う必要があります。

■手術について

小鼻の形やサイズ感を下方向からもご覧いただければと思います。(写真3,4)
術後の写真では小鼻の横幅がしっかりと小さくなっています。



斜めから見た術前後の写真です。(写真5,6)
小鼻が丸みを帯びた状態で小さくなっているのがわかるかと思います。また、小鼻のラインに沿ってできる傷跡も以前より目立ちにくくなっているのではないでしょうか。



こちらは術中の写真です。(写真7)
小鼻の部分を切開していますが、すでに一度手術を行っている部位のため、通常の組織よりも硬くなっています。このように組織が硬くなっていると、手術の際に組織を引っ張ったり寄せたりすることが困難になり、結果的に仕上がりにも大きく影響が出てしまいます。そこで私の場合、硬い組織を丁寧に剥離した上で、組織に柔らかさを出す工夫を行っています。



組織を柔らかくした後の状態です。(写真8)
小鼻は丸みのある立体的な構造のため、単純にサイズを小さくすればいいというわけではありません。切除する際のデザインやメスの使い方、組織の処理の仕方などを事前にシミュレーションした上で手術を行うことがポイントで、さらに術中は繊細かつ高度な技術力が要求されるということをご理解いただければと思います。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

小鼻の丸みは残しながら、ボリュームダウンしているのがお分かりいただけるかと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

他院で2回目の小鼻縮小術をされた方で、残念ですが小鼻を切られすぎてしまっているケースを時々お見受けします。一度切りすぎた小鼻は元に戻りません。医師も簡単に修正できると思い2回目の手術を引き受けられたのかもしれないですが、このような失敗はできるだけ避けてほしいと切に願っており、クリニック選び・医師選びは慎重に行うようにされることをお勧めします。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術の場合、ダウンタイム(赤みや腫れ、内出血など)は1回目よりも長いことがほとんどです。また一時的に状態が悪化して見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

小鼻縮小修正(鼻翼縮小修正)
¥385,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼを抜去しつつ鼻の高さを維持させた症例 違和感

違和感があるため、他院で挿入したプロテーゼを抜去したいというケースです。さらにプロテーゼは抜きたいものの、できれば高さは維持したいという希望でした。 他院にこのような相談をすると、「プロテーゼを抜いて…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行いつつ鼻の高さを維持させた症例 違和感

他院で挿入したプロテーゼを抜去したいというケースです。抜去するもののできるだけ鼻の高さを変えたくないため、異物を入れない形で鼻を高く見せる手術を行うことになります。

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が長くなりすぎた他院症例の修正 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋や鼻先が不自然な状態になったというケースです。 手術による変化はしっかり出ているのですが、逆に「やりすぎ」とでも言いまし…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP