目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

軟骨などで詰まった鼻先をすっきりさせた他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・鼻筋が曲がってみえる
・鼻の根元が太くみえる
・鼻先(鼻尖)が大きすぎる
・鼻の穴をもう少し見えない状態にしたい

■当院医師の見解

他院でプロテーゼ挿入、鼻尖軟骨移植を行ったところ、鼻筋が曲がってみえるのと全体的に重たすぎるのを改善したいと来院された方の症例です。上に掲載した術前・術後の写真を見ていただければと思いますが、術後は鼻筋・鼻先ともにすっきりとした状態になっているのがお分かりいただけますでしょうか。今回の修正術では、プロテーゼの入れ替え(曲がった鼻の改善)と、鼻翼軟骨の位置調整(鼻の穴の見え方の調整)、さらに鼻尖部に移植された軟骨の一部摘出(鼻先をスマートにする)を行っています。

■手術について

実際に鼻先を切開した状態をお見せします。(写真3)
向かって左側に白い塊が見えますが、これは前医の手術によって挿入されたプロテーゼです。(緑の矢印が指し示している部分)また黄色の矢印で複数指し示している小さな白いものは、移植された軟骨です。矢印で示した3か所以外にもかなり大量に軟骨が移植されているのがわかりますでしょうか。この大量の軟骨によって鼻先がパンパンになり、プロテーゼが行き場を失い横に押し出され、それによって鼻筋が曲がったという一連の流れがここから想像できます。

術前後の写真を見るとほんの少しの調整のように見えるかもしれないですが、実際に手術を行ってみると、このように複数の要因が複雑に絡まっており、それらが見た目にも影響を与えているのがわかります。これらの一つ一つの原因を改善していくことがポイントになります。

実際に取り出した軟骨です。(写真4)
ご自身の軟骨は、組織との親和性が高いため定着がよい反面、逆に取り出す際には癒着が強いためその分難易度が高くなります。




※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術前と術後3か月の様子です。(写真5,6,7,8)
大きな変化はないですが、全体的にすっきりと軽くなっています。海外では大きな変化を好む傾向にありますが、日本ではこのような繊細なディテールの違いが求められるケースが多く、私自身も実際にそのような手術を多く行っています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

「鼻先を高くしたい」「鼻の穴をすっきりさせたい」といっても、医師によってその捉え方やイメージは異なります。事前にどのようなデザインになるのかを言葉だけではなくビジュアルでも確認するという意味でも、担当する医師が実際に行った症例写真を事前に確認することをお勧めします。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、一度目の手術と違い癒着や瘢痕がすでにできている部分を再度切開し調整するという難易度の高い手術になります。また術後の内出血・腫れ・赤みなどは一度目よりも強く出ることがほとんどです。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻シリコンプロテーゼ入替
¥385,000(税込)
鼻尖形成修正術
¥330,000(税込)
鼻尖移植修正術
¥440,000(税込)

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

アクアミド除去後も鼻先に高さを出した症例 プロテーゼの違和感

今回はプロテーゼではなく、「アクアミド」という製材を過去に注入した方が除去を希望されてご来院されました。 アクアミドにはヒアルロン酸のような効果が期待できる製剤で、鼻を高くする、唇にボリュームを出す、…

詳細解説はこちら

プロテーゼ挿入によって鼻筋に段差が生じた他院症例の修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻筋の真ん中あたりに段差ができてしまったと相談に来られたケースです。医師の説明によると、「鼻の低い部分にのみプロテーゼを挿入することで最小限の手術に抑えることができ…

詳細解説はこちら

プロテーゼ入替と鼻尖形成術でラインを整えた症例 鼻先が下向き

他院でプロテーゼ挿入を行ったものの、高さや鼻先の向きに納得できずに当院に相談に来られた症例です。術前の写真を横から見ると、確かに鼻先が下を向いています。 全体的に高さをもう少し出したいとのことでしたの…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP