目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻尖形成術で鼻の穴が小さくなりすぎた他院症例の修正

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で鼻尖形成術などを行ったら鼻の穴が小さくなりすぎた
・鼻先の皮膚が硬くなっていて違和感がある

■当院医師の見解

他院で小鼻縮小、鼻尖形成(団子鼻修正・鼻尖軟骨移植)、鼻中隔延長を行った方です。
鼻の穴が小さくなり、鼻先が太くなってしまった症例です。鼻の穴の内側の皮膚が厚くなってしまっている他、左右差もあります。

■手術について

下から見るとあまり改善しているように見えないかもしれないので、正面から見た術前術後写真も掲載します。(写真4,5)


この方はすでに他院にて鼻尖形成(団子鼻修正・鼻尖軟骨移植)と鼻中隔延長によって軟骨を移植しています。この部分に癒着や組織の肥厚が生じると、組織が硬くコンクリートのような状態になってしまい修正手術がますます難しくなってしまいます。
そのためまずは、上記を改善する下準備として小鼻部分(鼻翼基部)を広げる操作を行い、その後改めて鼻孔縁形成術と1回目の手術による瘢痕切除を行う手術計画を立てました。

1回目の手術のデザインです。(写真6)
左小鼻が特に小さくなってしまっているので、この部分をなんとか数ミリでも動かして形状変更を行います。


術中の写真です。(写真7)
なんとなく小鼻の左右差が改善されそうな雰囲気を感じていただけますでしょうか。


術後の写真です。(写真8)
多少左の小鼻のサイズが改善していますが、まだまだ左右差がある状態です。


2回目の手術では、鼻の穴のふちを形成する手術(鼻孔縁形成術)と、鼻先の軟骨部分にある初回の手術によって肥厚化している組織を除去する操作を行いました。

術前のデザインです。(写真9)
この時はすでに鼻先の軟骨がコンクリートのようにガチガチに固まっており、肥厚した組織を少しずつ丁寧に削り出す作業はかなり難航しました。

術後の状態です。(写真10)
鼻の穴がしっかりと広くなったのと、鼻先の塊のような部分がすっきり小さくなったのがわかるかと思います。

■術後の様子

前医による手術によって組織には瘢痕や癒着があるため、術前と同じ状態に戻すことは到底難しいのですが、それでもできるだけ左右差を改善し、また鼻の穴や小鼻を正常な状態にまで改善することができました。鼻先も小さくなっています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正手術は、1回目の手術による組織の肥厚や癒着を剥がしながら作業を進めなければならないため、左右差がない美しい状態にするにはとても高度な技術が要求されます。一度目の手術であれば癒着した組織もないため自由度も高くより患者さんが求める理想に近いラインを作ることができます。できるだけ修正手術をしなくとも一度目の手術でよい結果を得ることができるように医師選びをしっかりと行うようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、一度目の手術による組織の癒着や肥厚によって手術の難易度が高くなる上に術後のダウンタイム期間も長くなってしまうことが大半です。腫れ、赤み、内出血も大きく生じることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

小鼻縮小の修正
313,200円
鼻孔縁形成(形状修正)
540,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

プロテーゼ入替と鼻尖形成術でラインを整えた症例 鼻先が下向き

他院でプロテーゼ挿入を行ったものの、高さや鼻先の向きに納得できずに当院に相談に来られた症例です。術前の写真を横から見ると、確かに鼻先が下を向いています。 全体的に高さをもう少し出したいとのことでしたの…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行い、自家組織で高さを維持させた症例 プロテーゼの違和感

10年以上前に他院でプロテーゼを挿入された症例です。高さは満足しているものの、最近異物感があるため抜去したいという相談でした。 術前の触診でL字型のプロテーゼが挿入されていることが分かった他、鼻先が少…

詳細解説はこちら

プロテーゼを抜去しつつ鼻の高さを維持させた症例 違和感

違和感があるため、他院で挿入したプロテーゼを抜去したいというケースです。さらにプロテーゼは抜きたいものの、できれば高さは維持したいという希望でした。 他院にこのような相談をすると、「プロテーゼを抜いて…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP