目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

韓国で鼻中隔延長・鼻尖形成をしたところ鼻先が高くなりすぎた症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院(韓国)で鼻中隔延長と鼻尖形成術を行ったところ鼻先が高くなりすぎた

■当院医師の見解

他院(韓国)で鼻中隔延長術と鼻尖形成術(鼻尖軟骨移植)を行った結果、鼻が不自然に高くなりすぎたという症例です。最近はこの方のように海外で手術を受けられる方も増えていますが、特に海外は美的感覚が異なることもあり、術後に相談を受けることもしばしばあります。
今回は、「鼻先が高くなりすぎた」とのことでしたので、鼻尖の修正術を行っています。

横から見た写真、斜めから見た写真です。(写真3.4.5.6)正面からみた術前と術後3か月の写真では、鼻先が細くなっているのがお判りいただけますでしょうか。術前は鼻筋が長すぎて、鼻尖が不自然に高くなっています。

■手術について

今回は鼻尖(鼻先)の高さとデザインを調整する修正手術を行いました。

術中の調整前・調整後の写真です。調整前の状態と比較してまず横幅を変えています。(写真7.8)
さらに鼻尖の高さを変えるために内部組織を調整しています。(写真9.10)

■術後の様子

術後1週間の抜糸時の写真です。(写真11.12.13)

この方は鼻尖(鼻先)のみの修正術でしたので、それほど腫れが生じていません。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

韓国など海外で美容整形の手術を行う方も増えてきています。この場合特に気を付けていただきたいのが国や文化による美的感覚の違いです。日本の場合少し控えめな程度に手術をすることが多いですが、海外ではしっかりと高さやラインを出す手術を行う医師も多いです。言葉の違いなどあると思いますが、カウンセリングではしっかりとデザインの希望を伝えるようにすることが大事です。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、実際に内部組織の状態を確認した上で手術計画を立てなければいけない臨機応変な対応が必要な手術です。また、内部の状態によって術後の腫れや内出血などの程度もかなり変わります。前医の手術による癒着が多い際には、ダウンタイムも長くなることが多いです。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成術修正(だんご鼻解消術修正・鼻尖軟骨縫縮修正)
324,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

他院で行った鼻尖形成を「ほんの少しだけ」すっきりさせた他院修正 鼻尖形成のやりすぎ

他院にて鼻尖形成・鼻尖部軟骨移植術を行ったものの、もう少し鼻先をすっきりさせたいという方の症例です。 この方のように、他院で鼻の整形を行った後に「少しだけ小さくしたい」「もう少しだけ変化が欲しい」とい…

詳細解説はこちら

過去に挿入したプロテーゼを抜去し、ほぼ同じ高さを維持した症例 プロテーゼの違和感

15年ほど前にプロテーゼ(シリコン)による隆鼻術を行った方の症例です。 年数が経過するうちに鼻の形が変わってきた気がするとのことでご相談に来られました。 実際に拝見すると、術前の点線部分にプロテーゼの…

詳細解説はこちら

他院で鼻尖形成をしたものの左右差が改善しなかった症例 小鼻の左右差

もともと小鼻に左右差があり(右側が大きい)、この小鼻の左右差改善とあわせて鼻を高くするために他院で鼻尖形成術を行ったところ、結果に納得がいかない・失敗した気がすると相談に来られたケースです。 来院した…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP