目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で鼻尖形成術を行ったところ、鼻先(鼻尖)が尖りすぎた

■当院医師の見解

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。
前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見ると鼻の頭部分に丸みが生じているのがご理解頂けるのではないかと思います)、左のように斜めや横から見た写真ですとより分かりやすいかと思います。この場合、鼻尖に移植した軟骨のボリュームを減らして高さを調整する修正術を行います。
なお前医がどの程度軟骨を移植しているのかわからないため、修正術の場合は鼻柱から切開を行って鼻内部がしっかり見える形(オープン法)で手術を行うことがほとんどです。

■手術について

手術中の写真です。(写真9)
黄色の矢印で刺している部分が、前回の手術で移植された軟骨です。また黄緑色の矢印で示している部分は鼻翼軟骨です。鼻翼軟骨は、左右の軟骨を中央に寄せて縛り合わています。(鼻翼軟骨縫縮術)
実際に鼻の状態を確認したところ、移植した軟骨を摘出してしまうと中央で縛っている鼻翼軟骨の形状が鼻の表面に出てしまいラインに影響を与えてしまう可能性が高いと判断しました。そこで左右の縛り合わせられた鼻翼軟骨を改めて剥がして、改めて形状調整をした上で鼻尖のラインを形成することにしました。

実際に鼻翼軟骨縫縮術による癒着を剥離している写真です。(写真10)
丁寧に剥離を行わねばならず熟練の技術が必要となる根気のいる作業です。その後改めて軟骨を縫い合わせて高さを調節し、切開部分を縫い合わせて終了となります。

■術後の様子

術後1週間の抜糸時の写真です。(写真11.12.13.14)

鼻尖(鼻先)部分のみの修正術のためそれほど腫れが生じていません。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

鼻尖の修正手術で他院(初回手術を行ったところとは別のクリニック)にカウンセリングに行った際に、「鼻尖軟骨移植で移植した軟骨を全部摘出すれば元に戻ります」と医師に言われたそうです。
しかし、これは鵜呑みにしてはいけません。移植軟骨を単純に摘出するだけでは、逆に鼻尖に凹みが生じてしまうことがあります。前回の手術詳細を我々は知らないためどの程度軟骨を移植しているのか把握することができません。そのため、実際に手術を行って内部の状態を観察した上で調整を行う必要があります。(逆に初回担当医であれば自分で軟骨をどの程度移植しているのか把握しているため切開前に手術計画を立てることができるでしょう)

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、初回担当医の手術法や内部処理の状態によって難易度が変わります。そのため癒着がひどい際には剥離作業に時間がかかることになるため術後の腫れ・内出血なども比較的大きくなることが多いです。これらの想定されるダウンタイムについては、実際に手術を行ってみないと判断がつかないことも多くあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成術修正(だんご鼻解消術修正・鼻尖軟骨縫縮修正)
324,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

【例外】他院の鼻尖形成術で「全く変化がなかった」鼻先の修正症例 鼻尖形成のやりすぎ

私は鼻先に高さを出す手術として、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行うことが多いです。理由は軟骨移植等を行わなくとも鼻先に高さを出すことができるため、患者さんも比較的手軽に受けることができる手…

詳細解説はこちら

プロテーゼの形状があわずアップノーズになった症例 プロテーゼの違和感

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先が上を向いた状態(いわゆるアップノーズ)になってしまった症例です。 前から見ると鼻の穴が良く見えてしまっており、横から見ると鼻先が上方向に上がってしまっているの…

詳細解説はこちら

プロテーゼ挿入・抜去によって鼻筋がねじれた他院症例の修正 鼻の曲がり 小鼻の左右差

他院でプロテーゼ差し替えを行ったものの、術後に違和感が出たため抜去を行ったら今度はプロテーゼを抜いても湾曲した状態が残ってしまったという症例です。 術前の写真を見ていただくと、左右の小鼻が右上がりの状…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP