目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

韓国の手術(鼻中隔延長術・鼻尖形成・プロテーゼ)を行ったところ鼻に圧迫感が生じた症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・韓国で鼻の手術(鼻中隔延長術・鼻尖形成・プロテーゼ挿入)を行ったところ、鼻に圧迫感がある

■当院医師の見解

韓国の美容外科で、鼻中隔延長術・鼻尖形成・プロテーゼ挿入の手術を行ったところ、術後に鼻全体が内側に圧迫されているような感じがするとして当院に来院されたケースです。

ここ最近は韓国の美容クリニックで目元や鼻の整形を行う方も増えていますが、国民性や美的感覚の違いなどもあるため日本での手術と比較すると、術後の変化が大きいことがしばしば見受けられます。

今回の方の場合、鼻中隔延長による鼻のラインには満足しているためその部分はあまり変えたくないというご希望だったので、圧迫感の原因となっている内部の移植物の量を調整するのとあわせて、不自然に平らになってしまっている鼻先(鼻尖)については丸みを帯びた自然な形状に修正する手術計画を立てました。

■手術について

術前(写真3)と術後(写真4)の横から見た写真を先にお見せします。

術前の写真においては、横から見た際に鼻中隔延長法と鼻尖形成(鼻尖軟骨移植術)によって鼻先(鼻の先端)が少し下を向きお辞儀をしているような状態になっているとわかりますでしょうか。

このあたりも修正手術の際に調整を行ったため、術後は鼻に高さが出てバランスのよい横顔になっています。


斜めから見た術前(写真5)、術後(写真6)の写真です。術後の写真では、鼻先(鼻尖)の形状変化によってすっきりした感じになっているかと思います。

鼻先の調整はもちろんですが、今回の手術における一番の目的は「圧迫感を与えている原因」となっている移植物を取り除き、丁度よいボリュームにすることがポイントです。


移植物の除去のために前回行われた鼻中隔延長の調整と鼻尖形成術の修正を行いました。移植物はすでに鼻尖の内部で癒着しており、一塊の状態になっています。(写真7)

そのため、この塊になった組織を丁寧に剥がして分類し、再度組織を構築するという修正手術を行っています。この作業はとても緻密で高度な技術力が求められます。



※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後1週間の抜糸時の状態です。(写真8、9、10)

癒着した組織を丁寧に分離して再構築をするというかなり込み入った手術ですので、術後は腫れが生じると思われるかもしれませんが、この手術では鼻先(鼻尖)のみの操作となるためそれほど腫れが生じません。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

海外で手術を受ける際には、美的感覚やセンスが異なることもあるため、事前に術後の仕上がりついてよく確認するようにしてください。手術を行う医師の過去の症例を確認するのもよいでしょう。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、一度手術をした部分を再度切開し癒着などを分離しながら進めるため一度目よりも難易度が高い上に術後の腫れや内出血なども大きく生じることが多いです。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成修正(移植物修正)
432,000円
鼻中隔延長修正
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

鼻尖形成で鼻先が長くなりすぎた他院症例の修正 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋や鼻先が不自然な状態になったというケースです。 手術による変化はしっかり出ているのですが、逆に「やりすぎ」とでも言いまし…

詳細解説はこちら

【例外】他院の鼻尖形成術で「全く変化がなかった」鼻先の修正症例 鼻尖形成のやりすぎ

私は鼻先に高さを出す手術として、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行うことが多いです。理由は軟骨移植等を行わなくとも鼻先に高さを出すことができるため、患者さんも比較的手軽に受けることができる手…

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。 前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP