目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻中隔延長のやりすぎで高くなりすぎた鼻を程よくする他院修正術

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて鼻中隔延長術、鼻尖軟骨移植(鼻尖形成)を行ったところ、鼻が高くなりすぎた

■当院医師の見解

他院で鼻の手術(鼻中隔延長術、鼻尖形成)を行ったところ、高くなりすぎたという症例です。

鼻中隔延長術は鼻先(鼻尖)に高さを出すことができる手術ですが、どの程度高くするかは担当医とよく話し合うことが大切です。最大限出来るところまで伸ばしたいのか、ほんの少しだけ高さを加えたいのか、それによって仕上がりのイメージは異なってくるため注意が必要です。

実際の修正術では、鼻中隔延長術によって伸びた部分を調整することが手術の中心となります。
具体的には、鼻尖形成と鼻中隔延長術によって移植された軟骨のサイズや位置を調整して高さを整えることになりますが、私は前医の手術を見ていたわけではないので、内部組織の状態などを元にイメージを広げて修正術を行うことになります。修正術は、技術的に難儀で困難な作業であることが伝われば幸いです。


さて今回のケースは、横顔で比較していただくとより分かりやすいかと思います。
術前(写真3)は鼻中隔延長術によってかなり鼻尖(鼻先)が高く伸びているのがわかります。術後3ヵ月(写真4)では、鼻先の伸びすぎた部分がなくなり、ほどよいラインになっているかと思います。

斜めからみると術前(写真5)にはかなり存在感があった鼻が、術後3ヵ月(写真6)ではそれほど目立ちすぎない状態になっていると思います。

下から見た術前・術後3ヵ月の状態です。(写真7.8)
形状と高さが変化しているのがわかるかと思います。

■手術について

術中の状態です。(写真9)
鼻中隔延長術の調整をするために、まずは鼻中隔延長によって挿入された軟骨を綺麗に露出させる必要があります。その後、鼻尖にどの程度高さを出すかをイメージをしながら軟骨を調整します。この作業には経験やセンスが要求されます。

軟骨の形状を正確に把握するために、一時的に摘出することもあります。(写真10)
再び使用できるようにできるだけ傷などを加えないよう丁寧に取り出し、その後軟骨の調整を行い、適切な位置に移動して固定し、形状を整えます。

処置後の状態です。(写真11)
軟骨を再固定した状態です。


※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後1週間の抜糸時の状態です。(写真12,13,14,15)

鼻根部(鼻の目に近い部分)には操作を加えていない手術のため、それほど大きな腫れは生じておりません。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

術前の写真を見て分かる通り、初回の手術によってしっかりと高さは出ているため、今回の修正術においては「失敗」というよりも、担当した医師とのコミュニケーション不足や美的感覚の相違が原因だと思っています。

「美しい」と思う高さやラインは人によって異なるため、どの程度鼻先を高くしたいかという点は、術前にしっかりと医師に伝えることが大事です。

例えば事前に担当医から症例写真を見せてもらい、自分の理想に近いものがあればそれを参考にしてもらうなど、自身のイメージを出来るだけ具体的に伝えられるようにするとよいでしょう。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術の場合、一度目の手術よりも術後の腫れや内出血などのダウンタイムが長引くことがほとんとです。また一時的に状況が悪化して見えることもあります。腫れや赤みなどが完全に引くまでには半年から1年ほどかかることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

鼻尖形成修正
324,000円
鼻中隔延長修正
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。 前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見…

詳細解説はこちら

鼻先部分にプロテーゼの境界線が見える他院症例の修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先部分でプロテーゼとの境界線が目立っているとの相談で来院されたケースです。挿入されているプロテーゼを抜去し、新しいプロテーゼを挿入する修正手術を行いました。 …

詳細解説はこちら

プロテ―ゼを抜いても鼻の高さを維持させた症例 プロテーゼの違和感

過去にプロテーゼを挿入したものの抜去したいという方の理由は様々で、「違和感がある」「異物を挿入していることに抵抗がある」「変化がほとんどなかったので抜去したい」「鼻が曲がった」といったケースがあります…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP