目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

エンドプロテーゼ・アクアミドによる他院トラブル症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・エンドプロテーゼとアクアミドを入れたが、最近鼻先が太くなってきた
・鼻先以外は気に入っているので変化を加えないでほしい

■当院医師の見解

他院でエンドプロテーゼとアクアミドによる隆鼻術を受けられた症例です。

エンドプロテーゼとは小さな粒上の注入物で、液体ではないため摘出しやすいといわれていますが、ここ最近はトラブル事例としてよく相談を頂きます。粒が小さいため挿入後、次第に重力によって鼻先に移動して鼻先が膨らんだり太くなることがある他、鼻根に挿入した場合も次第に凸凹が生じてしまうことがあります。

またアクアミドはポリアクリルアマイドを主成分としたジェルで、鼻の他、あご、唇などに注入されることもあります。ヒアルロン酸のように注入後に溶解することができないため、除去治療の難易度が高くなることがほとんどです。

今回は鼻先の部分のエンドプロテーゼを摘出し、その代わりに鼻尖軟骨の縫縮(鼻尖形成術・団子鼻修正)を行い鼻先に高さを出すという計画で手術を行いました。

■手術について

術中の状態です。
白い小さな粒のようなものがエンドプロテーゼです。


こちらはアクアミドです。こちらも同様にエンドプロテーゼ同様に摘出を行います。ただしエンドプロテーゼと異なり、皮膚や組織と癒着しているため剥離が非常に難しくなります。作業を行いやすくするために鼻柱から開けて剥離作業を行います。右の写真の鼻柱にある白い部分がアクアミドです。


摘出したアクアミドです。

■術後の様子

術後として掲載している症例写真は、2か月後の様子です。アクアミドやエンドプロテーゼを除去していますが、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)によって、鼻先の高さなどは維持した状態になっています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

エンドプロテーゼやアクアミドは、いずれも鼻に高さを出す手術で使用されるものです。クリニックや医師の方針によって使う製剤は様々ですが、成分や素材によって摘出時の難易度が大きく変わってきます。可能であれば事前にそのあたりも医師に確認した上で手術を行うようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、前回の手術による組織の癒着を剥離した上で手術を行うため、初回の手術後の経過とは異なることが多くあります。状態にもよりますが、腫れや内出血などのダウンタイムも長期になることが多いです。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

シリコン隆鼻修正(他院で手術歴がある場合)
291,600円
鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)
324,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

過去に挿入したプロテーゼを抜去し、ほぼ同じ高さを維持した症例 プロテーゼの違和感

15年ほど前にプロテーゼ(シリコン)による隆鼻術を行った方の症例です。 年数が経過するうちに鼻の形が変わってきた気がするとのことでご相談に来られました。 実際に拝見すると、術前の点線部分にプロテーゼの…

詳細解説はこちら

他院での鼻整形後、鼻尖形成術などで全体をすっきりさせた他院修正 鼻尖形成のやりすぎ

鼻全体の形が気になるため、他院にて鼻尖部の耳介軟骨移植とあわせてBNLS注射を何度か行ったものの、まだ鼻全体が重たく感じるためすっきりさせたいという症例です。 術前と術後3か月の変化を見ていただくと、…

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が尖りすぎてしまった他院症例 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻尖形成術(軟骨移植・鼻翼軟骨縫縮術)を行ったところ、術後に鼻尖(鼻先)が尖りすぎてしまったという症例です。 前から見るとそこまで変化がわかりにくいかもしれないですが(それでも術前の写真をよく見…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP