目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

鼻先部分にプロテーゼの境界線が見える他院症例の修正

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・プロテーゼのある箇所とない箇所の境界線が目立つ
・鼻筋が少し傾いている

■当院医師の見解

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先部分でプロテーゼとの境界線が目立っているとの相談で来院されたケースです。挿入されているプロテーゼを抜去し、新しいプロテーゼを挿入する修正手術を行いました。

■手術について

一番左の写真は、わかりやすいように線を入れてみたものです。(写真3)
真正面から見た際に、黄色の矢印のように鼻筋が少し斜めに傾いてしまっています。また黄緑の矢印の部分はプロテーゼとの境界線の部分で、この部分の段差が目立つというのが悩みでした。

真ん中と右の写真は、術前と術後の状態を、斜めから見た写真です。(写真4,5)
鼻先の段差に限らず、全体的に鼻筋のラインもスッキリしたように見えるのではないでしょうか。


今度は横から、術前・術後の状態を見てみます。(写真6,7)鼻先の形が変わったのがわかりますでしょうか。



実際に他院が挿入したプロテーゼ(写真8)と当院で挿入したプロテーゼ(写真9)です。
やはり他院が挿入していたプロテーゼの先端の形(矢印のような形)が鼻先の皮膚から透けて見えていたのだとわかります。

■術後の様子

術後5日の抜糸時の写真です。(写真10.11)

この方の場合、前医が挿入したプロテーゼが比較的抜去しやすかったため腫れや内出血等もそれほど大きく出ておりません。鼻の修正手術の場合、過去の手術によってできた瘢痕や癒着の剥離作業がの難易度などによって、術後のダウンタイムが大きく変わってきます。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

一口に「プロテーゼ挿入」と言っても、医療機関によって手術方法や使用するプロテーゼが異なります。少しでも術後に違和感が出るのを避けるためにも事前に症例写真などを確認しておくとよいでしょう。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術の場合、初回の手術よりも内出血や腫れ、浮腫みなどが長期間出ることが多くあります。また術後、一時的に状態が悪化したように見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

シリコンプロテーゼ入替(他院)
356,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

【例外】他院の鼻尖形成術で「全く変化がなかった」鼻先の修正症例 鼻尖形成のやりすぎ

私は鼻先に高さを出す手術として、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行うことが多いです。理由は軟骨移植等を行わなくとも鼻先に高さを出すことができるため、患者さんも比較的手軽に受けることができる手…

詳細解説はこちら

他院で鼻尖形成をしたものの左右差が改善しなかった症例 小鼻の左右差

もともと小鼻に左右差があり(右側が大きい)、この小鼻の左右差改善とあわせて鼻を高くするために他院で鼻尖形成術を行ったところ、結果に納得がいかない・失敗した気がすると相談に来られたケースです。 来院した…

詳細解説はこちら

他院で行った小鼻縮小術の修正(もう少し小鼻を小さくしたい) 鼻の穴の問題

小鼻の膨らみを小さくして鼻先の印象を軽くする小鼻縮小術は、切除デザインによって仕上がりの形が大きく異なります。そのため患者さんが求める小鼻のイメージと執刀する医師のイメージが異なっていれば仕上がりにも…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP