目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

プロテーゼ挿入によって鼻筋に段差が生じた他院症例の修正

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・プロテーゼを挿入したところ鼻筋に段差ができた

■当院医師の見解

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻筋の真ん中あたりに段差ができてしまったと相談に来られたケースです。医師の説明によると、「鼻の低い部分にのみプロテーゼを挿入することで最小限の手術に抑えることができます」といった説明があったようです。
結果的に、この方はプロテーゼが短すぎて段差が生じてしまっています。

術前・術後を正面から見た比較写真では、正直「何も変わってないのでは?」と思われる方がほとんどだと思います。今回の手術では、ご本人から鼻の雰囲気は変えずに段差のみを解消したいというご希望をいただいているため、全体のラインは変えずに修正手術を行っています。

■手術について

術前・術後を比較した横の写真です。(写真3.4)
矢印の部分にあった段差がなくなっています。

斜め横から見てみます。(写真5.6)
全体の雰囲気は変えずに、段差のみを取り除いたのがお分かりいただけるかと思います。


挿入されていたプロテーゼ(写真7)と、今回私が入れ替えたプロテーゼ(写真8)です。

やはりプロテーゼの端の部分で段差が生じていたことがわかります。ただしこの挿入方法は一般的にも行われているものですので、前回の担当医が悪かったということはないと思います。ただし、短いプロテーゼを挿入した場合、術後に一定期間が経過した際にこのように鼻筋に段差ができてしまう可能性がある点は知っておいていただくほうが良いでしょう。

■術後の様子

術後5日の抜糸時の写真です。(写真9.10.11)

鼻の修正術の場合、初回の手術における癒着の度合いなどによっても腫れや赤みなどの強さがかなり違ってきます。この方の場合、前回挿入したプロテーゼが比較的スムーズに抜去することができたため、腫れはそこまで生じておりません。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

「プロテーゼ挿入」といっても医療機関によって使用するプロテーゼの素材もサイズも長さも異なります。事前にすべて調べることは難しいかもしれないですが、できるだけ手術を行う前にどんな素材でどんな風に手術を行うのかは確認しておいたほうが良いと思います。また想定されるリスクなども把握しておけば術後に万が一何か起きた際も比較的スムーズに対応できるでしょう。

とはいえ、初回の手術で理想のデザインになることが最もベストな方法です。過去の症例写真なども見て、医師の技術力や経験をできるだけ事前に把握するようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術の場合、初回の手術よりもダウンタイム(赤み・内出血・腫れなど)が大きく出ることが多くあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

シリコンプロテーゼ入替(他院)
356,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

他院で行った小鼻縮小術の修正(もう少し小鼻を小さくしたい) 鼻の穴の問題

小鼻の膨らみを小さくして鼻先の印象を軽くする小鼻縮小術は、切除デザインによって仕上がりの形が大きく異なります。そのため患者さんが求める小鼻のイメージと執刀する医師のイメージが異なっていれば仕上がりにも…

詳細解説はこちら

エンドプロテーゼ・アクアミドによる他院トラブル症例 鼻先が太い

他院でエンドプロテーゼとアクアミドによる隆鼻術を受けられた症例です。 エンドプロテーゼとは小さな粒上の注入物で、液体ではないため摘出しやすいといわれていますが、ここ最近はトラブル事例としてよく相談を頂…

詳細解説はこちら

プロテーゼ挿入で鼻筋が曲がり小鼻に左右差が生じた他院症例 小鼻の左右差 鼻筋に段差・曲がり

他院でプロテーゼ挿入と鼻尖修正を行った患者さんです。診察したところ、鼻に入れたプロテーゼが曲がって入っているため鼻筋がゆがんでしまっていました。また左の小鼻は変形しており階段のような段々状になっていま…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP