目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

他院で行った小鼻縮小術の修正(もう少し小鼻を小さくしたい)

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて小鼻縮小術を2回行っているがもう少し小鼻を小さくしたい

■当院医師の見解

小鼻の膨らみを小さくして鼻先の印象を軽くする小鼻縮小術は、切除デザインによって仕上がりの形が大きく異なります。そのため患者さんが求める小鼻のイメージと執刀する医師のイメージが異なっていれば仕上がりにも差が出てきてしまいます。特に切除ラインを直線に近い形で行うと小鼻の膨らみがほとんどなくなってしまうため注意が必要です。

■手術について

今回の方の場合、すでに他院にて小鼻縮小術を2回行っているため、手術部分の組織がすでにかなり硬くなっていると考えられます。3回目の手術ではそれらを加味した上で手術を行う必要があり、また、術後の傷にも負担がかかることを患者さんにはしっかりと説明をしなければなりません。

先に術前術後の写真を見てみましょう。(写真3,4)
小鼻のでっぱりが小さくなり鼻先全体の雰囲気が変わったのが分かりますでしょうか。先ほども述べた通り、美容外科の手術では「デザイン力」が仕上がりに大きな影響を与えます。

小鼻縮小術の場合は、小鼻の丸みをなくさずにサイズを小さくするデザイン力が特に求められます。その中でも修正手術の場合は、実際に手術を始めてみないと実際の組織の状態や癒着の進行度がわからないため、より現実的なデザインと臨機応変な対応力が求められます。

今回のデザインです。(写真5)
切開するラインがほんの少し異なるだけでも、小鼻は丸みを失い直線的な違和感のある形になってしまいます。また切開後も中縫いの処理なども、組織が傷ついているため慎重に行う必要があり、通常の手術以上に医師の技術力も要求されます。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の状態です。(写真6.7)
それほど腫れてはいませんが、傷の部分に赤みが生じます。赤みはメイクで隠せる程度かと思います。


術後1か月後の様子です。(写真8.9)
その後の傷の様子など参考になればと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

小鼻縮小術は小鼻に丸みを残しながらサイズを小さくする点がポイントです。医師のデザイン力によって仕上がりも大きく異なるため、可能なら事前のカウンセリングの際などに症例写真を見せてもらうようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

今回のような修正術では、組織の損傷や癒着を考慮した上で手術を進める必要があり、一度目の手術以上に難易度が高くなります。術後は赤みや腫れが初回の手術よりも大きく生じることが大きいため、その点を事前にご理解頂ければと思います。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

小鼻縮小の修正
345,600円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

鼻尖形成で鼻先が長くなりすぎた他院症例の修正 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋や鼻先が不自然な状態になったというケースです。 手術による変化はしっかり出ているのですが、逆に「やりすぎ」とでも言いまし…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去後、鼻尖軟骨を縛ることで高さを出した症例 プロテーゼの違和感

他院で挿入したプロテーゼを抜去しつつも、できるだけ最小限の操作で今の高さを維持したいという症例です。 この方のように鼻全体のイメージにおいて鼻先の形状が比較的大きくインパクトを与えているケースでは、プ…

詳細解説はこちら

プロテーゼ抜去を行い、自家組織で高さを維持させた症例 プロテーゼの違和感

10年以上前に他院でプロテーゼを挿入された症例です。高さは満足しているものの、最近異物感があるため抜去したいという相談でした。 術前の触診でL字型のプロテーゼが挿入されていることが分かった他、鼻先が少…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP