目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

目元で多い修正症例

目元の修正相談で多いものは、「二重ラインに関する内容」と「傷跡や凹みに関するご相談」です。特に二重ラインについては、幅が広すぎる、ハムのようにぷっくり膨らんでいる(ハム目)、左右差など多岐にわたります。

※以下相談内容のいずれかをクリックすると該当症例が下部に表示されます。

医師の技術力不足!広すぎて不自然なライン 広すぎるライン 不自然なライン 眠たそうな目

経験不足な医師に多いのが、患者さんが希望する「幅広い二重」をそのまま実際に手術で実現するケースです。 患者さんが希望する「幅広二重」は目元がすっきりしていて黒目がちで目ヂカラのあるものではないと意味が…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂修正術を行ったが、不自然な目元になった症例修正 不自然なライン

診察にいらした際の目元の状態を拝見したところ、2回の手術によって挙筋腱膜が離脱したことでまぶたが開けにくくなっている上に、それによって二重ラインがうまく引き込めずに不自然になってしまっているのではない…

詳細解説はこちら

保険診療の眼瞼下垂術によってラインが不自然になった他院症例 不自然なライン 眠たそうな目

保険診療の眼瞼下垂は症状を改善するために行う手術ですので、審美的な面については高いレベルを求めることができません。保険適用ですので実施されるのはもちろん良いと思いますが、特に女性の場合は術後の左右差や…

詳細解説はこちら

眠たそうな上に左右差がある症例 左右差 眠たそうな目

眼瞼下垂術や二重整形によって、左右差ができたという相談も多くあります。元々目元に左右差がある場合は、術前にその差を鑑みた上で手術を行う必要がありますが、なかなかこのような左右差を加味した上で手術を行う…

詳細解説はこちら

左右差とあわせて二重ラインが2本になった症例  左右差 不自然なライン

二重ラインが2本になってしまっているのは皮膚が余っている状態が関係しています。つまり、この方に「切らない眼瞼下垂」という手術がそもそも適応だったのか?という疑問が浮かびます。患者さんとの話し合いの結果…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂術後、更に眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 不自然なライン

眼瞼下垂術は上瞼の下垂を改善する手術ですが、ここ最近は開眼力強化(目ヂカラアップ)のために若い方でも行うケースが増えています。なお眼瞼下垂術には眼科で行う保険適用の手術と、美容外科で行う自由診療の手術…

詳細解説はこちら

眠たそうで二重ラインが広すぎる例 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

幅広二重を希望して二重切開法を行ったところ、術後に眠たそうな目になったという方は本当に多くいらっしゃいます。ぱっちりとした目ヂカラのある幅広二重にする際には、単純に二重のラインを幅広くするだけでは理想…

詳細解説はこちら

組織が切り取られすぎて開眼力が弱まった症例 眠たそうな目

二重切開法を行った結果、「目が開けにくくなった」「ぼんやりして見える」と感じる患者さんが実はかなり多いです。中には機能障害を起こしているケースも見受けられます。 必要な組織がすでになくなってしまってい…

詳細解説はこちら

乱暴な手術による傷跡と眠たそうな目 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

幅広い二重ラインを希望された際に、術後のイメージを医師が具体的に想像できなかった故に眠たそうな(重たそうな)目になってしまうケースが実際によくあります。 また閉眼時の傷跡や傷のラインを気にされる方も多…

詳細解説はこちら

前医の知識不足によって眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 不自然なライン

来院された際に目元を確認したところ、黒目がしっかり露出しておらず眠たそうな(重たそうな)二重の状態でした。また切開法を行ったとのことですが、上まぶたの皮膚が余ってしまい上から被っているような状態です。…

詳細解説はこちら

閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP