目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眼瞼下垂術後、更に眠たそうな目になった症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・保険適用の眼瞼下垂術後、ますます目元が眠たそうになった
・二重ラインが不自然になった
・目が開けにくくなった

■当院医師の見解

眼瞼下垂術は上瞼の下垂を改善する手術ですが、ここ最近は開眼力強化(目ヂカラアップ)のために若い方でも行うケースが増えています。なお眼瞼下垂術には眼科で行う保険適用の手術と、美容外科で行う自由診療の手術がありますが、保険適用の眼瞼下垂の場合は「機能改善」が目的であるため、二重ラインや目元の形状など細かなディティール部分まで希望通りに対応してもらうことができません。

今回の方は保険診療で眼瞼下垂術を行ったものの、左目の開眼がかなり弱かったということですでに修正手術を行っている状態で当院に相談に来られました。なお、手術を行えば行うほど組織は硬くなります。よって今回の手術はいつも以上に難易度が高くなっています。

■手術について

術前の様子です。(写真3)
眠たそうな目元を改善しようとして額の筋肉(黄色の矢印部分)を使って持ち上げているるのがお分かりいただけるかと思います。そのため眉毛の位置がもとの位置よりも上に上がっています。
眼瞼下垂術によって眠たそうな目になってしまう原因は、ほぼどの症例でも共通しています。挙筋腱膜という瞼の開閉をつかさどる筋膜が損傷していることが原因で、この部分を正常な状態に戻すことで開眼力を戻すことができます。
なお修正手術の場合、すでに過去の手術によって組織には癒着が起きているため、手術を行う前にまずは癒着を綺麗にはがす必要があり、これがとても難易度が高い作業になります。


術前のデザインです。(写真4)
瞼に皮膚の余裕がないため、前回の手術による傷を切除する程度の最低限の切除を行います。瞼の皮膚が2回の手術によってかなり固くなってしまっています。



実際に眼輪筋を切除した状態です。(写真5)
この方の場合もやはり瞼の開閉をつかさどる挙筋腱膜が必要な部分から外れて離れてしまっていました。この部分が離れてしまうと目をしっかりと開けることができなくなります。


黄色い3本のラインで囲んだ部分が、本来は存在しない隙間です。(写真6)
この部分が離れているため、通常は露出しないはずのミュラー筋も見えてしまっています。手術では、このミュラー筋と挙筋腱膜の剥離を丁寧にはがして進めていくのですが、これが難易度が高く骨が折れる作業になります。



ピンセットで開いてみた状態です。(写真7)
2回の手術によって、黄色の矢印部分がすでに今にも穴が開きそうな薄い状態になっています。


修復作業が終わった状態です。(写真8)
組織が元の位置に戻っています。なんとなく組織が落ちついた状態になっているのがお分かりいただければ幸いです。

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の写真と、術後1か月、3か月、6か月の様子です。

術後5日抜糸時(写真9)・術後1か月(写真10)・術後3か月(写真11)の開眼状態の様子です。
術後5日抜糸時(写真12)・術後1か月(写真13)・術後3か月(写真14)・術後6か月(写真15)の閉眼状態の様子です。

修正手術の場合は、3か月から半年程度かけてゆっくりと傷や腫れが引いていきます。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

初回の手術結果に納得できずに前医に相談したところ、即決で修正手術をすることが決まりそのままその場で手術をしたという話を聞くこともありますが、修正手術は難易度が高く、医師であれば誰でも安易にできる手術ではありません。また手術を繰り返すと皮膚や組織が硬くなりますます手術の難易度が高くなるため、簡単に再手術をすることを決めずにセカンドオピニオンに相談したり症例写真を見せてもらうなど必ず事前に医師の技術力を確認するようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

今回は3回目の手術でしたので、通常以上に腫れや内出血などのダウンタイムが長引くことが想定されました。またこの方のように、術後すぐのタイミングでは、手術前よりも状態が悪化したように見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

眼瞼下垂の修正(二重の形成を含む)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

組織が切り取られすぎて開眼力が弱まった症例 眠たそうな目

二重切開法を行った結果、「目が開けにくくなった」「ぼんやりして見える」と感じる患者さんが実はかなり多いです。中には機能障害を起こしているケースも見受けられます。 必要な組織がすでになくなってしまってい…

詳細解説はこちら

二重ラインが不自然で眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 左右差 不自然なライン

他院で二重切開法を行ったところ、二重ラインが不自然な上に眠たそうな目になってしまったという相談で当院に来られた方です。このような幅広二重を希望された方の失敗症例は、ここ数年で本当に増えています。 また…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術後に二重ラインに左右差が生じた他院症例 左右差

他院で眼瞼下垂術を行ったところ、二重ラインに生じた左右差が気になるという症例です。 確かに拝見すると、右目(向かって左側の目)の二重ラインは幅に厚みがありますが、左目(向かって右側の目)は幅がかなり細…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP