目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眠たそうで二重ラインが広すぎる例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開法を受けたら目が開けにくくなった
・二重ラインが浮腫んでいるようにみえる
・目が開けにくくなった
・目を閉じた際にまぶたが凹むようになった

■当院医師の見解

幅広二重を希望して二重切開法を行ったところ、術後に眠たそうな目になったという方は本当に多くいらっしゃいます。ぱっちりとした目ヂカラのある幅広二重にする際には、単純に二重のラインを幅広くするだけでは理想の目元になりません。
この辺りは医師の経験とでもいいますか、術後のイメージを事前に持てるかどうかという点になると思います。今回の方も前医で二重切開法を行ったところ、眠たそうな目になったという症例です。

■手術について

術前のデザインです。(写真3)
時々他院の医師が「まぶたの凹みを改善するための修手術として皮膚切除を行う」と言われているようですが、皮膚や瘢痕組織を切除しても、まぶたの凹みを改善することはできません。逆にそのようなことを言われた際には、実際の症例写真を見せていただくように依頼するとよいと思います。
私の場合は、まぶたの凹んだ部分や傷跡を全て皮膚切除するようにデザインを行っています。


術中の様子です。(写真4)
黄色の矢印が差している部分が、前回の手術で固定した部分の糸です。本来はこの糸の上にかぶせるように組織を移動しないと患者さんが望んでいるようなぱっちりした目元にすることはできません。


小さい矢印で示している部分は、本来であれば長い矢印の部分にあるべき組織ですので、まずはこの部分の組織移動を行います。(写真5)


完全に組織移動が終わった状態です。当初の状態とはかなり様子が変わったのはわかりますでしょうか。(写真6)

■術後の様子

術後5日の抜糸時の写真です。(写真7)
修正手術は1回目の手術よりもダウンタイムが長くなるのが一般的です。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正手術のポイントは、前回の手術によって本来の位置からずれてしまった組織をまずは適切な位置に戻すことから始まります。…というと、案外簡単な作業に思われるかもしれませんが、手術によって意図的に組織を癒着させた部分を組織を壊さずにもう一度丁寧に剥離を行い元の状態に戻すというのは、一度目の手術よりもとても難易度が高い作業になります。
また組織の移動が終わった後は、二重ラインを再度作り作業に入ります。できるだけ患者さんの希望に近づけるためには、術中に目を開け閉めしていただき、開眼状態を確認しながら細かな調整を行うことが大切です。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、1回目の手術でできた瘢痕や癒着を丁寧に剥離する作業を行うため手術の難易度が高い上に、術後のダウンタイムも長くなる傾向にあります。術後3日程度はかなりの腫れ・内出血が生じ、その後は3か月から半年程度かけてゆっくりと腫れなどが引いていきます。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

眠たそうな上に左右差がある症例 左右差 眠たそうな目

眼瞼下垂術や二重整形によって、左右差ができたという相談も多くあります。元々目元に左右差がある場合は、術前にその差を鑑みた上で手術を行う必要がありますが、なかなかこのような左右差を加味した上で手術を行う…

詳細解説はこちら

幅広二重にしたところ術後に眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 不自然なライン

他院で二重切開法で幅広二重を希望したものの、仕上がりが眠たそうな目になってしまったという症例です。「眠たそうな目になった」というのはここ数年でよく相談いただくようになった失敗症例ですが、多くの場合、患…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術後に二重ラインに左右差が生じた他院症例 左右差

他院で眼瞼下垂術を行ったところ、二重ラインに生じた左右差が気になるという症例です。 確かに拝見すると、右目(向かって左側の目)の二重ラインは幅に厚みがありますが、左目(向かって右側の目)は幅がかなり細…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP