目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

組織が切り取られすぎて開眼力が弱まった症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開法を受けたら目が開けにくくなった
・なんとなく目元がぼやけている

■当院医師の見解

二重切開法を行った結果、「目が開けにくくなった」「ぼんやりして見える」と感じる患者さんが実はかなり多いです。中には機能障害を起こしているケースも見受けられます。
必要な組織がすでになくなってしまっている場合は、他の組織から代替をしてできるだけ生理的な状態に回復する作業が必要になります。これにはとても高度な技術力が必要です。

■手術について

この方の場合は現在の二重ラインに左右差があるため、術後の二重ラインをイメージして皮膚切開の際には左右で異なるデザインを作る必要があります。また本人の希望で目頭切開も行いました。

皮膚切開を行った段階では特に問題はありません。(写真4)


眼輪筋を切開すると、普段見えることがない瞼板(黄色の矢印部分)が現われました。(写真5)
目の構造的には、眼輪筋と瞼板の間にはいくつかの組織が挟まっています。つまりこの組織が完全に切り取られてしまっている状態になっています。
このままでは目の開閉や二重ラインにも影響が出るため、周辺の組織を使ってできるだけ自然な状態に修復します。


全ての処理が終わった段階です。組織が標準的な状態になっているのが伝わればと思います。(写真6)

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の様子です。

まだ多少の腫れがありますが、目ヂカラが増している(開眼力がアップしている)のがわかりますでしょうか。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

多くのクリニックが二重整形や眼瞼下垂術を行っている今、とても簡単でシンプルな手術だと考えている患者さんも多いようです。しかし特に切開法の場合は、目元の組織を切除したり縫合するため医師の技量や経験によっては、不必要な組織まで除去してしまったりと、希望の二重ラインにならないだけではなく、元にすら戻せない状態になってしまうこともあります。昨今は価格も手ごろになってきていますが、決して簡単な手術だと考えずに、きちんと症例数が多いクリニックに相談するようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

一度切開・縫合をした箇所に再度手術を行う修正術は、1回目の手術よりもダウンタイムが長くなるのが一般的です。赤みや腫れ、浮腫みなどが3か月から半年ほどほど続くことも多くあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円
目頭切開
216,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

2度の手術で眼瞼下垂・不自然な二重になった症例 眠たそうな目 不自然なライン 瞼の凹み、傷跡

2回の手術によって、挙筋腱膜があるべき場所から離れてしまっているため目が開けにくくなってしまった症例です。特に右目内側で強く出ています。修正手術では、離断している挙筋腱膜をもとの状態に戻し、瞼が凹んで…

詳細解説はこちら

二重ラインが薄く不自然な上に眠たそうな他院症例 眠たそうな目 不自然なライン

他院で眼瞼下垂の手術を行ったものの、二重ラインが薄く不自然な上に左右差があるというご相談です。眠たそうな雰囲気になった点も気になるとのこと。いずれも内部の筋膜などの固定に問題があると推測されます。また…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂術を行ったところ眠たそうなハム目になった症例修正 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

二重切開法や眼瞼下垂術によって眠たそうな目になってしまうのは、前医の手技によって挙筋腱膜が離断してしまい、うまく目を開けることができなくなったために生じる現象です。そのため手術では、離断してしまった挙…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP