目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眼瞼下垂手術のマイナー調整(※微修正は逆に大変労力がかかります)

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で眼瞼下垂術を行ったところ眠たそうな目になった
・二重のラインももう少しだけ狭くしたい
・閉瞼時の傷跡や凹みも治したい

■当院医師の見解

他院で眼瞼下垂術を行ったものの、二重のラインなどに納得いかず相談に来られた方です。拝見すると、確かにまぶたが黒目に被っていて眠たそうに見えます。今回は、大きく変化を加えるのではなく、ほんの少しだけ微調整をしてほしいというご要望でしたので、皮膚切開と挙筋腱膜の調整を行い、理想に近いラインを実現することとしました。

■手術について

術前のデザインです。(上)
多少皮膚のあまりがあるためこの部分を皮膚切除し、さらに目の開き方を調整するために組織の位置関係を見直す作業を行います。

術中の状態です。(中)
黄色の矢印で示した部分が前回の手術によって固定された挙筋腱膜にかかる糸です。この部分の位置調整が必要になるため、この糸を外して作業を進めます。この時に組織から出血してしまうと、組織が鬱血(うっけつ)し作業を進めることが難しくなります。写真のように、出血を最小限に抑えてスピーディに行う技術力が必要になります。

挙筋腱膜の位置を調整した状態です。(下)
組織が鬱血(うっけつ)すると、挙筋腱膜が浮腫み紫色に変わってしまいます。そのような状態に極力ならないように作業を行いました。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の様子です。
挙筋腱膜にも操作を加える手術のため、術後の腫れはかなり大きく生じている他、傷も目立ちます。


術後1か月の様子です。
まだ赤みや腫れもある他、黒目がしっかり見えていないため術前との違いを感じにくい状態ではないかと思います。この後、半年から1年ほどかけてゆっくりと腫れが引いていきます。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

術後数か月は、一時的に状況が悪化したように見えたり、術前と様子が変わらないように感じることもあります。毎回お伝えしておりますが、修正手術は完全にダウンタイムがなくなるまでに半年から1年ほどかかります。
そう理解していても、実際にご自身がそうなった時に「ケロイド状態になった」「症状が変わらない」「ますます失敗した」と慌てて相談に来られる方もいらっしゃいます。
繰り返しになりますが、術後は半年から1年程度で少しずつ改善していくため、私と一緒にじっくり頑張っていただければと思います。

■手術における副作用・デメリットなど

術後のダウンタイムが長期化することが多い他、赤み、腫れが一度目の手術よりも大きく生じることがほとんどです。また一時的に悪化して見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

眼瞼下垂の修正(二重の形成を含む)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

二重ラインが薄く不自然な上に眠たそうな他院症例 眠たそうな目 不自然なライン

他院で眼瞼下垂の手術を行ったものの、二重ラインが薄く不自然な上に左右差があるというご相談です。眠たそうな雰囲気になった点も気になるとのこと。いずれも内部の筋膜などの固定に問題があると推測されます。また…

詳細解説はこちら

眠たそうな上に左右差がある症例 左右差 眠たそうな目

眼瞼下垂術や二重整形によって、左右差ができたという相談も多くあります。元々目元に左右差がある場合は、術前にその差を鑑みた上で手術を行う必要がありますが、なかなかこのような左右差を加味した上で手術を行う…

詳細解説はこちら

2度の手術で眼瞼下垂・不自然な二重になった症例 眠たそうな目 不自然なライン 瞼の凹み、傷跡

2回の手術によって、挙筋腱膜があるべき場所から離れてしまっているため目が開けにくくなってしまった症例です。特に右目内側で強く出ています。修正手術では、離断している挙筋腱膜をもとの状態に戻し、瞼が凹んで…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP