目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

二重ラインが不自然で眠たそうな目になった他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開法を行ったところ、眠たそうな目になった
・二重の幅が広すぎて不自然なラインになった

■当院医師の見解

他院で二重切開法を行ったところ、二重ラインが不自然な上に眠たそうな目になってしまったという相談で当院に来られた方です。このような幅広二重を希望された方の失敗症例は、ここ数年で本当に増えています。

また特に今回は、左右の眉の高さにかなり差が出ている点も注目すべき点になります。
先に術前術後の写真をお見せしますが、瞼を閉じた状態で術前(写真3)と術後(写真4)を比較すると、眉毛とまつ毛の距離が近くなったのがわかりますでしょうか。

■手術について

術前のデザインです。(写真5)
二重幅を狭くするために皮膚切除を行います。ただしこの方の場合、余剰な皮膚があまりなかったため皮膚切除範囲は最小限に抑えました。

術中の写真です。(写真6)
ここからは、前医の手術による組織の癒着を剥離しつつ二重ラインを固定している糸を摘出します。比較的浅い層に糸がありました。(ピンセットでつまんでいる部分)

さらに皮膚の深層まで進みます。(写真7)
黄色矢印が示した部分にも糸がありました。

これらの糸はすべて外さないといけないのですが、かといって単純に引っ張ったり切ってしまうと組織を傷つけたり出血を起こす可能性が大きくあります。挙筋腱膜に影響が出てしまうと手術を続けることが難しくなるため、細心の注意が必要になります。

また糸を除去するだけではなく、挙筋腱膜やミュラー筋といったまぶたを開閉に関係している組織をもと通りの位置に戻すという作業も必要になります。位置調整は患者さんにも協力してもらい、何度も起き上がったり横になっていただいたりしながら、最適な部分で固定します。この作業は根気の必要な作業ですが、ここを丁寧に行わないと、術後に目の開閉に違和感が生じる可能性が高いためしっかりと妥協せずに何度も繰り返します。

なお、前述した「眉毛の左右差」については、前医が行った挙筋腱膜の固定位置が正しい位置ではなかったため、目を開ける際に患者さんが無意識で額の筋肉(前頭筋)を使っていたことが原因でした。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の様子です。(写真8,9)
組織の癒着をはがし、さらに挙筋腱膜やミュラー筋にも操作を加えているため腫れはかなり大きく生じます。

術後1か月の様子です。(写真10,11)
二重ラインの腫れはかなり落ち着いてきましたが、まだ赤みや閉瞼時の傷跡は目立ちます。また目頭近くの傷が硬いため、開瞼時に二重ラインの目頭側部分が少し離れて見えるが気になります。これは3ヶ月ほどで次第に落ち着いてきて自然なラインに戻ります。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

毎回お伝えしていますが、修正手術(やり直し手術)の場合、このように1度目の手術よりもダウンタイムが長くなることがほとんどです。また一度目の手術後と異なる経過を取ることが多く、一時的に悪化して見えることもあります。この辺りも事前の診察の際にしっかりと丁寧にご説明していますが、術後も私を信じて、一緒に頑張っていただければと思います。

■手術における副作用・デメリットなど

術後のダウンタイムが長期化することが多い他、赤み、腫れが一度目の手術よりも大きく生じることがほとんどです。また一時的に悪化して見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

二重切開法後、眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

「眠たそうな目」「目が開けにくい」といった眼瞼下垂のような症状は術前には一切なかったようですので、前回の手術で挙筋腱膜(目の開閉をつかさどる筋膜)に傷ついてしまっている可能性が高いと判断しました。 こ…

詳細解説はこちら

韓国美容外科で目尻切開術後、不自然な形状・ドライアイ・逆さまつ毛といった症状が生じた症例 不自然なライン

目尻切開術は、目の横幅(外側の白目部分)を大きくする効果がある手術です。やりすぎると、目尻だけ「アッカンベー」をしているような不自然な状態になることが多いため、個人的にはできるだけ控えめに行ったほうが…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂修正術を行ったが、不自然な目元になった症例修正 不自然なライン

診察にいらした際の目元の状態を拝見したところ、2回の手術によって挙筋腱膜が離脱したことでまぶたが開けにくくなっている上に、それによって二重ラインがうまく引き込めずに不自然になってしまっているのではない…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP