目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

幅広二重にしたところ術後に眠たそうな目になった他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開法を行ったところ、眠たそうなまぶたになった
・黒目にかぶっている皮膚を取りたい

■当院医師の見解

他院で二重切開法で幅広二重を希望したものの、仕上がりが眠たそうな目になってしまったという症例です。「眠たそうな目になった」というのはここ数年でよく相談いただくようになった失敗症例ですが、多くの場合、患者さんの求めるがままに幅の広い二重ラインを作ってしまうことによって起きます。

このようなケースでは以下2つを改善することが手術のポイントになります。

・まぶたの皮膚があまっている(黒目にかぶっている)
・瞼を持ち上げる機能に問題がある(眠たそうな目になっている)

と、文字にすると簡単そうに見えるかもしれませんが、実際には医師の技術力が求められる高度で緻密な作業になります。

■手術について

術前のデザインです。(写真3)
青いラインで囲った部分が皮膚切除を行う部分です。どの程度皮膚を切除するかは、医師の経験値や勘によるものも大きく、また目元には左右差が少なからずあるため、そういった部分も加味した上でデザインを調整するセンスが必要です。

術中の写真です。(写真4)
黄色の矢印で示している組織が前医の手術によって欠損してしまっています。

そこでこの部分を充填すべく、他の部分からピンセットでそっと摘まんで組織を移動させます。(写真5)
この時にできるだけ丁寧に組織を引き出すことが術後の腫れや赤みを抑えるための重要なポイントになります。

この工程を丁寧に行うことができると、写真のように出血もほぼない状態で組織を引き出すことができます。(写真6)
組織を充填した後は、二重ラインを改めて作り直して手術は終了となります。

■術後の様子

術後1週間の抜糸時の様子です。(写真7)
手術時の出血を最小限に抑えていますが、修正手術(やり直し手術)の場合はやはりこの程度の腫れが出てしまうことが多いです。
術後1か月の様子です。(写真8)
多少まだ腫れがありますが、この程度であればメイクなどで隠せるのではないでしょうか。

術後3か月の様子です。(写真9)
まだ少し腫れが気になります。ここからはさらに半年程度かけてゆっくりと通常の状態へ戻っていきます。

術後6か月の様子です。(写真10)
腫れも取れてかなり自然な状態になってきています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

二重整形は以前と比較してかなり一般化している美容整形ですが、医師が術後の仕上がりを具体的にイメージできないと今回のような失敗症例となることがあります。
特に昨今人気の幅広二重の場合、医師の技術力如何によっては、術後に「眠たそうな目になった」「まぶたが黒目にかぶった」「目が開けにくくなった」などの症状が生じることがあるため注意が必要です。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、初回の手術よりも腫れや赤みが大きく出たりダウンタイム期間が長くなることが多いです。事前にその点をしっかりと理解した上で修正手術を行うようにしてください。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

前医の知識不足によって眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 不自然なライン

来院された際に目元を確認したところ、黒目がしっかり露出しておらず眠たそうな(重たそうな)二重の状態でした。また切開法を行ったとのことですが、上まぶたの皮膚が余ってしまい上から被っているような状態です。…

詳細解説はこちら

組織が切り取られすぎて開眼力が弱まった症例 眠たそうな目

二重切開法を行った結果、「目が開けにくくなった」「ぼんやりして見える」と感じる患者さんが実はかなり多いです。中には機能障害を起こしているケースも見受けられます。 必要な組織がすでになくなってしまってい…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術のマイナー調整(※微修正は逆に大変労力がかかります) 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

他院で眼瞼下垂術を行ったものの、二重のラインなどに納得いかず相談に来られた方です。拝見すると、確かにまぶたが黒目に被っていて眠たそうに見えます。今回は、大きく変化を加えるのではなく、ほんの少しだけ微調…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP