目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眼瞼下垂手術後、左右差ができて上まぶたが下がった他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・眼瞼下垂術(保険適用)を行ったところ、目に左右差ができた
・上まぶたが前よりも下がった気がする

■当院医師の見解

保険適用の眼瞼下垂術は機能改善が目的となるため、術後の目元や二重ラインのデザインについて細かな要望を伝えることはできません。このようなケースで多いのが、左右差や二重ラインへの違和感に関する相談です。この方の場合は、左右差とあわせて、若干上まぶたが下がってしまった気がするとのことでカウンセリングに来られました。
眼瞼下垂術では、挙筋腱膜とミュラー筋のいずれか、もしくは両方において操作を行っているため、この部分を改善することがポイントになります。

■手術について

今回の主訴の一つである「上まぶたが下がった気がする」という点について、先に少し詳しく述べます。
写真3(上)は、術前の写真に黄色と水色の線を入れたところです。黄色の2本の線は、黒目に上まぶたが被さっている部分を示しています。目がよく開く状態の場合はこの距離が短くなり、上まぶたが黒目に被った部分が少なくなります。また水色の線は目頭からの目のふちの立ち上がり方です。目の開きがよくなるとこのラインの立ち上がりが良くなります。そして術前のデザインです。(写真4)ご本人が皮膚のあまった部分も気になるとのことだったので多めに皮膚を切除することにしました。

皮膚切開した状態です。(写真5)
この部分では特に問題はありません。



眼輪筋を切除した状態です。(写真6)
黄色の矢印が示す部分が、組織が除去されているために凹んでいるのがわかります。


この後、挙筋腱膜という組織を固定してみたところ、黄色の丸で囲んだ部分が外れていました。(写真7)
これが原因で目の開き方が悪くなっていたということです。修正術ではこの部分を元の位置に戻します。


中の状態を修復した状態です。(写真8)
なんとなく、組織全体がすっきりした感じがしませんでしょうか。

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の状態です。
修正術ではこの程度の腫れは通常の範囲です。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

今回のケースのように、眠たそうな目の改善には挙筋腱膜の位置調整がポイントとなります。ただしこの位置調整には熟練した技術と瞬時に状態を見極める経験則が必要になります。誰でもどの医療機関でもできる手術というわけではないと思いますので、手術をする際には事前に症例写真などで医師の技術力を確認されたほうがよいと思います。

■手術における副作用・デメリットなど

一度癒着した組織を剥離して行う修正術は、一度目の手術以上にダウンタイムが長引くなります。また改善に向かう途中で一時的に術前よりも状態が悪化して見えることも多くあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

眼瞼下垂の修正(二重の形成を含む)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

左右差がある二重術の修正症例(他院にて修正2回目の他に脂肪注入も実施) 左右差

二重切開法を行った後、すでに他院で修正術を行っている他、さらに他院で脂肪注入術も行っていた方です。当院に来られる前にすでに3回目元の手術を行っているため、皮膚や組織がかなり堅固に癒着していることが想定…

詳細解説はこちら

二重切開法後、眠たそうな上にラインがぷっくりした症例 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

昨今は幅の広い二重ラインが人気ですが、術後に失敗したと感じる人が多いのも、実はこの「幅広二重」の手術です。 実際、他院にて幅広二重を希望したところ、眠たそうな目になったり、二重ラインがハムのようなぷっ…

詳細解説はこちら

二重ラインの幅が広すぎで不自然な他院症例 眠たそうな目 不自然なライン 瞼の凹み・傷跡 広すぎるライン

幅広二重を希望して二重切開法を行ったところ、ぱっちりした目になるどころか、眠たそうな目になってしまったという相談はここ数年でかなり増えています。これらの症状は、目の開閉に関係する挙筋腱膜が断絶してしま…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP