目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

2度の手術で眼瞼下垂・不自然な二重になった症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開法を行ったところ、眠たそうな目になった
・他院で修正術を行ったところ、二重ラインが不自然になった
・二重ラインが幅広すぎる
・まぶたを閉じた際に傷跡が凹んで見える

■当院医師の見解

2回の手術によって、挙筋腱膜があるべき場所から離れてしまっているため目が開けにくくなってしまった症例です。特に右目内側で強く出ています。修正手術では、離断している挙筋腱膜をもとの状態に戻し、瞼が凹んでいる原因になっている瞼板前組織の部分に組織を充填し、最後に二重ラインを新しく作ります。
文字にするとあっさりして見えるかもしれませんが、いずれの作業も技術的に難易度が高く医師の技術力が問われるものです。

■手術について

術前の様子です。(写真5)
矢印の指す部分の瞼が凹んでいます。また黄色線部分の二重ラインがガタガタとしています。

術前のデザインです。(写真6)先ほどのラインがガタガタした部分や凹んでいる部分をうまく切除して手術を行います。なおこの方は左右差があるため、デザインも左右で差をつけた形にしています。


眼輪筋を開いたところです。(写真7)
2本の矢印が差す部分の組織が必要以上に削られているため凹んでいます。また横長の矢印が差す部分も全体的に組織が少なくなっています。この2つが原因となり瞼に凹みが生じてしまっているため、この部分を別の組織を使ってうまく充填する必要があります。

別の部分の組織を充填用に持ってきました(写真8)
ピンセットで持ち上げている組織を、充填用に使用します。適切な組織を使わないと、今度は別の部分が凹んでしまうこともあるため、瞬時に最適な組織を見極める判断力や経験が必要になります。

■術後の様子

術後1か月の状態です。
まだこの段階では赤みや腫れがあります。また目を閉じた際の傷跡もまだ目立ちます。修正手術ではこのように、術後の腫れや赤みは長びくことが一般的です。この後、3か月から半年程度かけて少しずつ改善していきます。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正手術は前回の手術によって修正が加えられた組織を元の状態に戻した上で行う手術のため、高度な技術力が問われます。最近では修正手術を行う医療機関が増えていますが、できるだけ失敗やリスクを避けるためにも、手術を行う前に医師が行った症例写真を事前に確認するようにしてください。特に、閉眼時の瞼の状態(傷跡や凹みなど)も確認すると良いでしょう。

■手術における副作用・デメリットなど

複数回の手術を行っている場合、より術後の腫れ・内出血・傷は長期化することが多いです。また一時的に術前よりも症状が悪化して見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

二重ラインが不自然で眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 左右差 不自然なライン

他院で二重切開法を行ったところ、二重ラインが不自然な上に眠たそうな目になってしまったという相談で当院に来られた方です。このような幅広二重を希望された方の失敗症例は、ここ数年で本当に増えています。 また…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術後、左右差ができて上まぶたが下がった他院症例 左右差

保険適用の眼瞼下垂術は機能改善が目的となるため、術後の目元や二重ラインのデザインについて細かな要望を伝えることはできません。このようなケースで多いのが、左右差や二重ラインへの違和感に関する相談です。こ…

詳細解説はこちら

二重ラインが薄く不自然な上に眠たそうな他院症例 眠たそうな目 不自然なライン

他院で眼瞼下垂の手術を行ったものの、二重ラインが薄く不自然な上に左右差があるというご相談です。眠たそうな雰囲気になった点も気になるとのこと。いずれも内部の筋膜などの固定に問題があると推測されます。また…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP