目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眠たそうなハム目とまぶたの傷跡・凹みが目立つ症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で二重切開法を行ったところ、眠たそうな目になった
・二重ラインが広い上にぷっくりしていて違和感を感じる
・目が開けずらくなった
・目を閉じた時の傷跡が目立つ

■当院医師の見解

世間で幅広ラインの二重が人気になってから、当院には「眠たそうな目になった」という主訴で来院される患者さんがかなり増えました。ほとんどのケースで以下のような同じ症状が起きています。

1.挙筋腱膜が離断したため目が開けにくくなり、結果として「眠たそう」に見える
2.瞼板前組織が切除されたため血液循環が悪化し鬱血によりぷっくり感が出ている
3.瞼板前組織が切除されすぎたためまぶたに凹みが生じる

そしてこれらを改善するためには、

・離断している挙筋腱膜を修復する
・切除された瞼板前組織の代替となる組織を入れて血流循環をよくする
・その後新しい二重ラインを作る

というフローで手術を行います。
患者さんによって脂肪や組織のボリュームに違いがありますし、また前医の手術法によって組織の状態はもちろん異なっていますが、基本的に私が行う手術の流れは一貫しており、それぞれの作業は何百回と繰り返すことで裏打ちの取れた技術となっています。

今回の方も同様に、「眠たそうな目」「ぷっくりしたライン」「目が開けにくい」「閉眼時の傷跡や凹み」を改善したいということで相談に来られました。

■手術について

術前のデザインです。
この方は皮膚のあまりが少ないため、できるだけ切開幅は狭くとるようにします。



眼輪筋を切除した状態です。(写真6)
黄色い矢印で示した部分が挙筋腱膜で、この部分が本来あるべき位置からずれてしまっています。

そこでまずは挙筋腱膜を元の位置に戻す操作を行います。(写真7)
矢印で示した部分が先ほどの写真(写真6)で示した部分で、星印の部分が挙筋腱膜になります。この部分がまぶたの凹みの原因にもなっているため、正常な状態に修復を行い、その後二重ラインを改めて作りました。

■術後の様子

術後5日の抜糸時の写真です。
通常術後すぐは腫れや赤みが出ることが多いですが、この方は比較的腫れ等も少なく、左右差もほぼない状態でした。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

昨今では二重整形や眼瞼下垂術は多くのクリニックで行っており、プチ整形の中でも1,2を競う人気な手術法になっています。ただしご理解いただきたいのは、手軽なものになっていても、手術であることには変わりないという点です。修正手術は1回目の手術よりもダウンタイムも長くなりますし高度な技術を要するため費用面でも高くなってしまいます。できるだけ1度の手術で満足いく結果になるように、安易に安さや知名度だけで手術するクリニックを選ばずに技術力のある医師に執刀してもらうようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は初回の手術と比べてダウンタイムが長くなる特徴があります。これは、一度手術を行った部分の組織を再度調整するためです。術式などによりますが、ダウンタイムは通常3か月から半年程度、長い際には1年近くかかることもあります。この点を事前に十分ご理解頂いた上で、修正・やり直し手術を行っていただければと思います。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

組織が切り取られすぎて開眼力が弱まった症例 眠たそうな目

二重切開法を行った結果、「目が開けにくくなった」「ぼんやりして見える」と感じる患者さんが実はかなり多いです。中には機能障害を起こしているケースも見受けられます。 必要な組織がすでになくなってしまってい…

詳細解説はこちら

左右差とあわせて二重ラインが2本になった症例  左右差 不自然なライン

二重ラインが2本になってしまっているのは皮膚が余っている状態が関係しています。つまり、この方に「切らない眼瞼下垂」という手術がそもそも適応だったのか?という疑問が浮かびます。患者さんとの話し合いの結果…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術のマイナー調整(※微修正は逆に大変労力がかかります) 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

他院で眼瞼下垂術を行ったものの、二重のラインなどに納得いかず相談に来られた方です。拝見すると、確かにまぶたが黒目に被っていて眠たそうに見えます。今回は、大きく変化を加えるのではなく、ほんの少しだけ微調…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP