目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

幅広二重にしたところ、眠たそうな目になった症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開術を行ったところ、眠たそうな目になった
・二重ラインがぷっくりしている

■当院医師の見解

事前に診察ので目元を確認した際に、この方も前回の手術によって目の開閉をつかさどる筋肉である挙筋腱膜が損傷している可能性が高いと判断しました。よって手術においては挙筋腱膜の修復を中心に行い、また二重ラインがぷっくりしている点も改善したいとのことでしたので、二重ラインを切開することと合わせて今回は目頭切開も同時に行う計画を立てました。

■手術について

切開デザインです。前医の手術によって、挙筋腱膜という目の開閉をつかさどる部分が損傷していると想定されたため、この部分の修復を中心に行います。その後、平行二重のラインを作ります。

皮膚切開にて眼輪筋を露出させた段階では特に気になる箇所はありません。(写真4)


そこで眼輪筋を切開して、問題となっていると思われる挙筋腱膜を確認しました。(写真5)黄色矢印の部分に挙筋腱膜がありますが、本来この組織は黄緑色の矢印部分になければいけません。つまり手術によって上の方に移動してしまっているのがわかります。
挙筋腱膜を元の位置に戻すべく修正術を行います。出血は術後の腫れや内出血に大きく関係するため最小限に抑えて進めます。また時間がかかると組織の浮腫が進むためできるだけ迅速且つ正確に作業を進める必要があります。


全ての修復が完成した状態です。(写真6)
移動してしまった挙筋腱膜が下方部分に戻っているのがわかりますでしょうか。

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の様子です。修正手術ではダウンタイムが長いことは何度も書いておりますが、この方は特に腫れが比較的大きく出ています。一時的に腫れのせいで目の開きも悪くなっているように見えますが、完全に腫れが引くまでの我慢です。(写真7)

術後1か月の状態です。(写真8)随分腫れも引いてきていますが、術後3か月と比較するとまだ腫れています。このように修正手術では1か月ほどは腫れが続くことをご理解いただければと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正手術において大事なのは、医師と患者さんの信頼関係です。術後のダウンタイムが長い上に、一時的に腫れなどのせいで悪化したように見えることもあります。確実に腫れや赤みがなくなるまで数か月の間、辛抱強く待ち続けることも必要になります。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、一度手術を行った部分を再度切開し、癒着を剥離しながら修正作業を行うという難易度が高い手術です。そのため術後の腫れや内出血も一度目の手術よりもかなり長くなりますし、術後の経過も一度目と異なることが多いです。また一度目の手術結果によっては当方での修正が難しいとお断りするケースもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円
目頭切開
216,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

左右差とあわせて二重ラインが2本になった症例  左右差 不自然なライン

二重ラインが2本になってしまっているのは皮膚が余っている状態が関係しています。つまり、この方に「切らない眼瞼下垂」という手術がそもそも適応だったのか?という疑問が浮かびます。患者さんとの話し合いの結果…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術後に二重ラインに左右差が生じた他院症例 左右差

他院で眼瞼下垂術を行ったところ、二重ラインに生じた左右差が気になるという症例です。 確かに拝見すると、右目(向かって左側の目)の二重ラインは幅に厚みがありますが、左目(向かって右側の目)は幅がかなり細…

詳細解説はこちら

二重切開法後、眠たそうな上にラインがぷっくりした症例 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

昨今は幅の広い二重ラインが人気ですが、術後に失敗したと感じる人が多いのも、実はこの「幅広二重」の手術です。 実際、他院にて幅広二重を希望したところ、眠たそうな目になったり、二重ラインがハムのようなぷっ…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP