目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

二重切開法後、眠たそうな上にラインがぷっくりした症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院で二重切開法を行い幅広二重にしたところ、眠たそうな目になった
・さらに二重のラインがぷっくりしていてハム状態になっている
・目を開けにくくなった

■当院医師の見解

昨今は幅の広い二重ラインが人気ですが、術後に失敗したと感じる人が多いのも、実はこの「幅広二重」の手術です。

実際、他院にて幅広二重を希望したところ、眠たそうな目になったり、二重ラインがハムのようなぷっくりした状態になってしまったという方が当院に多数訪れます。今回の方も同様のケースで、希望していたぱっちり二重になるどころか、逆に眠たそうで目ヂカラのない状態になってしまっています。
このようなケースでは、前回の手術によって離断してしまった挙筋腱膜を正常な状態に戻すことで眠たそうな目を改善し、さらに瞼板前組織の部分に組織を充填することでぷっくり二重を改善させていく作業が必要です。言葉でいうと簡単ですが、非常に高度な技術が必要になります。

■手術について

術前のデザインです。
傷が残っている現在の二重ラインを全部切り取るようにデザインをします。
この後、眼輪筋を切除し、眠たい目やハム目(ぷっくりした目)の原因になっている挙筋腱膜と瞼板前組織の部分に操作を加え、二重ラインを再度作りました。

■術後の様子

術後5日の抜糸時の写真です。
修正手術の場合、術後数日はかなり大きな腫れや内出血が出ることが多いのですが、この方は腫れがかなり少なく、また左右差もほぼない状態でした。一般的にはもう少し腫れが強く出ることが多いです。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

若い女性を中心として以前よりも二重整形へのハードルが下がって来ていますが、二重整形手術に失敗したと相談に来られる方の数が、毎年どんどん増えています。簡単な手術だと思っている患者さんも多いようですが、実は奥が深い手術であり、一人ひとりの下垂の状態や脂肪量に合わせて適切な処理をする必要があります。安易に知名度や値段だけで決めずに、医師選び・クリニック選びは後悔ないように慎重に行うようにしていただきたいです。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術の場合、1回目の手術よりもダウンタイム(腫れ・赤み・内出血など)がひどく生じることが多いです。またその期間も長く、3か月から半年程度かかって改善することも多いです。事前にこの点をきちんと理解した上で手術を行うようにしてください。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

保険診療の眼瞼下垂術によってラインが不自然になった他院症例 不自然なライン 眠たそうな目

保険診療の眼瞼下垂は症状を改善するために行う手術ですので、審美的な面については高いレベルを求めることができません。保険適用ですので実施されるのはもちろん良いと思いますが、特に女性の場合は術後の左右差や…

詳細解説はこちら

二重切開法後、眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

「眠たそうな目」「目が開けにくい」といった眼瞼下垂のような症状は術前には一切なかったようですので、前回の手術で挙筋腱膜(目の開閉をつかさどる筋膜)に傷ついてしまっている可能性が高いと判断しました。 こ…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂修正術を行ったが、不自然な目元になった症例修正 不自然なライン

診察にいらした際の目元の状態を拝見したところ、2回の手術によって挙筋腱膜が離脱したことでまぶたが開けにくくなっている上に、それによって二重ラインがうまく引き込めずに不自然になってしまっているのではない…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP