目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

二重切開法後、眠たそうな目になった他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開術を行ったところ、眠たそうな目になった
・さらに目が開けにくくなった
・目頭部分の傷跡やラインが気になる

■当院医師の見解

「眠たそうな目」「目が開けにくい」といった眼瞼下垂のような症状は術前には一切なかったようですので、前回の手術で挙筋腱膜(目の開閉をつかさどる筋膜)に傷ついてしまっている可能性が高いと判断しました。
この場合、皮膚切除のみを行っても状態は改善されません。時々修正手術として皮膚切除のみを提案する医師がおりますが、皮膚のみに操作を加えても根本原因(挙筋腱膜の破損)は改善されていないため症状は変わらない上に、皮膚切除を行うことで上まぶたが閉じにくくなってしまいます。修正手術は皮膚を切開するだけで改善するようなシンプルな手術ではないことをご理解ください。

■手術について

まずは私の手術デザインをお見せします(写真3)。
眠たそうな目の修正術(やり直し)として、皮膚を切り取ってしまう医師が担当になった場合、眠たそうな目が改善しないばかりが、今度は皮膚が足りなくなってしまい目が閉まらなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

皮膚切開を行うと眼輪筋が露出します。(写真4)
この時点では特に問題となる箇所がはっきりしないことが普通です。

次に眼輪筋を切開します。(写真5)
そうすると挙筋腱膜(オレンジ矢印部分)が通常あるはずの位置からずれて上方向に移動していることがわかります。また普通は見えるはずがない瞼板(黄緑色の矢印部分)が顔を出してしまっています。



まずは現状を把握した上で癒着を剥離し、それぞれを元々の位置に戻す作業を行います。黄緑糸の矢印が差す挙筋腱膜、上下の矢印で示した部分がミュラー筋、さらに黄色の矢印が差す部分が瞼板です。(写真6)
術後の腫れや内出血を最小限にするためにできるだけ出血を押さえて正しい位置に戻すことは技術的に難しく非常に緻密な作業になりますが、この部分が修正作業の肝であるとも言えます。


その後、挙筋腱膜をピンセットを使って元の位置にさげるように引っ張り出して固定します。それぞれの工程で時間がかかりすぎると組織の浮腫の原因になるため迅速な対応が必要です。(写真7)

■術後の様子

写真8は術後5日目の抜糸時の様子です。複数の組織に操作を加えているため腫れや赤みもかなり大きいです。術中の出血は最小限に抑えておりますが、それでもやはり相応に腫れが生じます。
写真9はさらに術後1か月の状態です。まだ多少の腫れが生じています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正手術の相談をした際に、医師から「皮膚を切除してもう一度縫いましょう」と言われた際には注意が必要です。一度行った手術の結果はそれほど簡単に改善させることができませんし、皮膚切開のみを行っても組織部分を修正しなければ根本改善にはなりません。
修正手術はそれほど簡単なものではないという点を知っておいてほしいと思います。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は1回目の手術よりもダウンタイムが長いのが一般的です。特に今回のように挙筋腱膜、ミュラー筋、瞼板と複数の組織において修正手術を行った際には、より腫れもかなり大きく生じます。この点を事前に理解していただくことが術後のトラブルを防ぐ意味でも大切になります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

幅広二重にしたところ術後に眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 不自然なライン

他院で二重切開法で幅広二重を希望したものの、仕上がりが眠たそうな目になってしまったという症例です。「眠たそうな目になった」というのはここ数年でよく相談いただくようになった失敗症例ですが、多くの場合、患…

詳細解説はこちら

幅広二重にしたところ、眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

事前に診察ので目元を確認した際に、この方も前回の手術によって目の開閉をつかさどる筋肉である挙筋腱膜が損傷している可能性が高いと判断しました。よって手術においては挙筋腱膜の修復を中心に行い、また二重ライ…

詳細解説はこちら

まぶたの凹み・傷が目立つ他院症例の修正 傷、凹み

「閉眼時の傷が汚い」「術後の傷が目立つ」「閉眼時に凹みが生じる」など、目を閉じた際に生じる傷を気にされる方も多くいらっしゃいます。 二重ラインは気に入っているので、傷や凹みだけ改善したいという相談も多…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP