目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

二重切開法を行ったものの、目尻側のラインが薄い症例(他院修正)

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて二重切開法を行ったが、目尻側の二重ラインが薄く二重が安定しない

■当院医師の見解

他院で二重切開を行ったものの、目尻側の二重のラインが薄く、また全体の二重の形も気になるとのことでご相談に来られた方の症例です。

「切開法で二重まぶたにしたものの、二重の形が安定しない」という相談も多く、この原因には以下2つが考えられます。

1.二重を引き込む力が弱い(挙筋腱膜の位置調整による改善が必要)
2.二重のラインを固定する力が弱い

診察を行ったところ、今回の方は2つ目の「二重のラインを固定する力が弱い」ことが原因でした。

まずは術前と術後6か月の症例をご覧ください。(写真1、2)

術後の写真では、二重ラインが目尻まではっきりしている状態になっています。

■手術について

術前(写真3)と術後6か月後(写真4)の閉瞼時の様子です。
瞼を閉じた状態では、術前後に大きな変化はないことがお分かりいただけるかと思います。

皮膚切開におけるデザインの様子です。(写真5)
今回のように内部の状態修復が目的の場合、皮膚切開を最小限に抑えることがポイントですが、開瞼時に皮膚が余らないよう目を開けた状態でもデザインに問題がないか確認します。(写真6)

挙筋腱膜の位置を確認し作業を進めて行く様子です。(写真7)
二重ラインの調整というと簡単そうに聞こえるかもしれませんが、修正術では初回の手術によって癒着し組織を丁寧に分けながら作業を進める必要があり、これには緻密で高度な技術が要求されます。

挙筋腱膜を綺麗に引き出した状態です。(写真8)
挙筋腱膜は二重を作る際に重要な役割を果たす部分です。出血が多いと術後の浮腫みや腫れに繋がるため、できるだけ出血をさせずに丁寧に引き出して作業を進めることがポイントになります。写真でも、出血が最小限に抑えられているのがお分かりいただけるかと思います。

出血をさせないためには、丁寧に地道に作業を進めることが大切で、それには医師の集中力や忍耐力が必要になります。


矢印が示す部分は、初回の手術で使用された糸です。(写真9)
術後に二重の形状が安定しない原因になるため、修正術では出来るだけ初回で使用した糸を切除するようにします。

このように細心の注意を払いながら丁寧に作業を進めても、修正術の場合は初回の手術によって組織の修復能力が下がっているため、「術後の回復には時間がかる」という点をご理解頂ければと思います。




※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンが含まれておりますのでご注意ください)

■術後の様子

術前と術後6か月後の様子を再掲します。

今回は術後6か月の段階で腫れなどはほとんど生じておりませんが、修正術は初回の手術よりもダウンタイムが長引くケースがほとんどです。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正術によって「二重のラインを直す」というと、「皮膚を少しだけ切って、二重の固定部分を強固にしますね」と簡単にいう医師もいるようですが、修正術は場合によっては「修正不要」な状態に追い込まれてしまうこともありえる手術です。

初回の手術によって癒着し一体化した組織を丁寧に分けながら作業を進める修正術は、大変高度で緻密な技術力が要求されます。修正手術を検討される際には、担当医を1回目以上に慎重に選んでいただきたいと考えています。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術は、一度癒着した組織を丁寧に剥離しながら作業を進める必要があるため、1回目の手術よりも経過が長引くことが多いです。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重切開修正
¥770,000(税込)

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

他院で眼瞼下垂術を行ったところ眠たそうなハム目になった症例修正 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

二重切開法や眼瞼下垂術によって眠たそうな目になってしまうのは、前医の手技によって挙筋腱膜が離断してしまい、うまく目を開けることができなくなったために生じる現象です。そのため手術では、離断してしまった挙…

詳細解説はこちら

まぶたの凹み・傷が目立つ他院症例の修正 傷、凹み

「閉眼時の傷が汚い」「術後の傷が目立つ」「閉眼時に凹みが生じる」など、目を閉じた際に生じる傷を気にされる方も多くいらっしゃいます。 二重ラインは気に入っているので、傷や凹みだけ改善したいという相談も多…

詳細解説はこちら

前医の知識不足によって眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 不自然なライン

来院された際に目元を確認したところ、黒目がしっかり露出しておらず眠たそうな(重たそうな)二重の状態でした。また切開法を行ったとのことですが、上まぶたの皮膚が余ってしまい上から被っているような状態です。…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP