目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

二重切開後、目頭側がぷっくりしてしまった症例(他院修正)

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開(二重整形)後にぷっくりしてしまった目頭側をすっきりさせたい

■当院医師の見解

他院で二重切開を行ったところ、術後に目頭側がぷっくりしてしまったので、見た目をすっきりした状態に改善したいとご相談に来られた方の症例です。

このように、「二重切開によってまぶたがぷっくりしてしまった」とご相談に来られる方は比較的多く、原因には以下2つが考えられます。

・瞼板前組織という部分が必要以上に取られてしまい、部分的に循環不全による浮腫が生じている
・目頭側の二重の作り方が弱く十分に内側に引き込まれていない

そのため修正術では、上記2点を改善するための治療を行う必要があるのですが、実際に患者様のお話を伺っていると、「他のクリニックでは皮膚切除をすれば治ると言われた」という方が多いことに驚かされます。

上記のような原因を考えれば、皮膚切除だけでは改善しないことも考えられ、また状況によっては皮膚が足りなくなって「閉瞼不全(眼を閉じた時に少しだけ白目が見える状態)」になることも十分に考えられます。

万が一、過剰に皮膚切除が行われた場合には、皮膚が足りなくなってしまった部分に植皮をして対応することになり、理想としていた綺麗な目元からほど遠い仕上がりになってしまう可能性もあり得ます。

今回の方について、先に症例をお見せします。術前(写真1)、術後6か月(写真2)の様子です。目頭付近のまぶたのぷっくりした感じが改善されて、二重がすっきりした状態になっているのがお分かりいただけますでしょうか。

■手術について

術前(写真3)と術後6か月後(写真4)の閉瞼時の様子です。
術前写真をご覧いただければわかるように、初回の手術による創部に大きな凹みなどもなかったため、術前の診察では、瞼板前組織を取られすぎたのではなく二重の作り方が弱いことが原因ではないかと考えました。

術前の皮膚切除のデザインの様子です。(写真5、6)
術前の原因推察をもとに、皮膚切除を最小限にした修正術を計画しました。

ところが実際に手術を行ってみると、初回手術によって生じた瘢痕組織が多く、これらによって本来の挙筋腱膜の動きが弱くなっていることが分かりました。そのため術前に立てた修正計画を変更し、挙筋腱膜の動きを補強しながら二重を作り直すという手術を行いました。

内部の処理が終わった状態です。(写真7)

修正術ではこのように、実際に始めて見ると事前のプランニングと異なる手術になることもしばしばあります。これは「開けてみないと分からない」といった説明を患者様にする理由でもあります。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンが含まれておりますのでご注意ください)

■術後の様子

術前と術後6か月後の様子を再掲します。
今回は大きな腫れ等は生じておりませんが、修正術は初回の手術よりもダウンタイムが長引くケースがほとんどです。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正術は、実際に内部の状態を確認してみないと判断できないことも多く、今回のように術前に計画したプランニングと異なる手術になることもしばしばあります。また前回の手術によって組織が硬くなってしまった部分を丁寧に剥離を行う工程が必要になり、一回目の手術よりも非常に高度で難易度の高い技術が必要となります。

他院に修正のご相談をされた患者様からは「追加でこの処置もやったほうがいいと言われた」といったお話を伺うこともありますが、美容医療は医療の一環ですので、「必要のないことは極力やらない」という考えで私は手術を行っています。

またいつも同じことをお伝えしておりますが、このような修正手術を行わなくてもよいよう、初回手術の担当医師選びを慎重に行うことをお勧めいたします。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術は、初回の手術によって生じた瘢痕組織を丁寧に剥離する作業などがあり、1回目の手術よりも術後の腫れ、赤み、内出血が長引く可能性があります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重切開修正
¥770,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

二重切開術後、二重ラインがハムのような状態になった他院症例 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

他院で全切開の二重手術を受けたところ眠たそうな目になってしまい、また二重ラインがプックリとハムのような状態になっているのが気になるとのことで来院されたケースです。修正手術では、眠たそうな目を改善するた…

詳細解説はこちら

左右差がある二重術の修正症例(他院にて修正2回目の他に脂肪注入も実施) 左右差

二重切開法を行った後、すでに他院で修正術を行っている他、さらに他院で脂肪注入術も行っていた方です。当院に来られる前にすでに3回目元の手術を行っているため、皮膚や組織がかなり堅固に癒着していることが想定…

詳細解説はこちら

眠たそうな上に左右差がある症例 左右差 眠たそうな目

眼瞼下垂術や二重整形によって、左右差ができたという相談も多くあります。元々目元に左右差がある場合は、術前にその差を鑑みた上で手術を行う必要がありますが、なかなかこのような左右差を加味した上で手術を行う…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP