目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

目尻切開によって粘膜部分がめくれて見える他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・目尻の赤い部分(粘膜)がめくれた感じで気になる

■当院医師の見解

目尻切開は、目尻を切開して目の横幅に長さを出すことで目元を大きくする手術です。目を大きくしたいため「できるだけ大きく切ってほしい」というご要望をいただくことが多い部位ですが、目尻だけではあまり大きな変化を出しにくいため、希望通りに大きく切開を行うと、あっかんべーをしたように赤い結膜が見えたり、不自然な形になるため注意が必要です。

今回の方は他院で目尻切開を行ったところ、目尻下に粘膜(赤い部分)が露出されてしまって気になるということで来院されました。

斜めから見た術前後の写真をお見せします。(写真3,4)形状に変化が出ているのをご理解いただけるかと思います。

■手術について

目尻切開には複数の方法がありますが、いずれの方法で行った場合も目尻側の靭帯が癒着することによって形状に違和感が出ていることが多いため、まずはこの癒着をはがす作業が必要なります。

黄色の矢印で指している目尻の「キワ」の部分が強く癒着している部分です。(写真5)
この癒着を丁寧にはがしながら、その奥にある靭帯を探し出します。(写真6)

この時に出血が生じると、目尻の形状に変化が出てしまい術後のイメージが大きく変わってしまうことがあります。そのため修正手術では極力出血をさせずに作業を進めることがとても重要になります。実際に写真を見ていただければ、今回の手術でもほとんど出血していないのがお分かりいただけるかと思います。


靭帯が見つかったら、ラインなどの形状的に問題がない部分に移動して固定します。(写真7)
この位置調整の結果次第で、術後の目尻のラインに大きな差が出るため、医師の経験則が問われるポイントになります。



※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後3か月経過した写真です。
目尻の形状に変化が出ているのがお分かりいただけるかと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

目尻切開の修正術では、出血によって目尻のラインの形状に変化が出てしまうと手術自体が台無しになってしまうため、とにかく出血を出さずに手術を進めることが一番のポイントになります。
また、「大きな変化を出したいのでできるだけたくさん目尻を切ってほしい」というご要望が多い部位でもありますが、実際に要望通りにたくさん切開を行うとあっかんべーをしたように赤い結膜が見えたり、不自然な形になるといった失敗が生じることが多々あります。患者さんの期待に応えることはもちろん大事ですが、手術の特性や限界を認識し、患者さんにとってマイナスな結果にならないように事前に示唆することは、医師にとって重要な役割だと考えています。

■手術における副作用・デメリットなど

個人差はありますが一時的に白目が赤くなることがあります。また手術後に赤みや腫れが生じることがあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

目尻切開修正(目尻靭帯移動術含む)
528,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

他院で二重切開術後、ハム目・眠たそうな目になった修正症例 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり 瞼の凹み、傷跡

他院で全切開による二重術を受けられた症例です。眠たそうな目になり黒目の上側にまぶたが被さってしまっています。このような場合は、切開後に挙筋腱膜やミュラー筋の調整を行い、新たに二重ラインを作る作業を行い…

詳細解説はこちら

埋没法を行ったものの変化がなかった他院症例の修正術(二重切開法) 眠たそうな目

他院で二重埋没法を行ったものの、ほぼ変化がなくまぶたが開けにくい状態が続いているとのことで来院された方の症例です。ここ最近、二重整形と眼瞼下垂術がいずれも「二重まぶたにする」ための手術として同じように…

詳細解説はこちら

二重ラインの幅が広すぎで不自然な他院症例 眠たそうな目 不自然なライン 瞼の凹み・傷跡 広すぎるライン

幅広二重を希望して二重切開法を行ったところ、ぱっちりした目になるどころか、眠たそうな目になってしまったという相談はここ数年でかなり増えています。これらの症状は、目の開閉に関係する挙筋腱膜が断絶してしま…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
同じ悩みの失敗症例
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP