目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眼瞼下垂手術後、左右差と二重ラインの形状に違和感が生じた他院修正症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて眼瞼下垂術を行ったが、二重ラインの形に納得がいかない上に左右差があり気になる。

■当院医師の見解

他院にて眼瞼下垂術を行ったところ、二重ラインに左右差が生じたのとラインの形状が気になるとのことで来院された症例です。実際に拝見すると、確かに左側の二重ラインが幅広い上に、ラインの幅が目頭から目尻まで一定ではないため違和感のある目元になっています。
また、上瞼が黒目にかかり眠たそうな状態になっているため、手術では挙筋腱膜やミュラー筋にも操作を加える必要があるということは事前に察しがつきます。

事前のカウンセリングでご本人からデザインイメージなどのヒアリングを行ったところ、目頭の形状を変えたいというご要望もあったため、今回は眼瞼下垂術の修正とあわせて目頭切開も行うこととしました。

術後の写真では左右差がなくなり、目頭から目尻まで一定の幅の二重ラインになっています。
また眠たそうな目元の印象もなくなりました。

■手術について

まずは二重ラインと目頭切開のデザインを行います。(写真3)
この方は二重ラインに左右差が生じているため、デザインはあえて左右異なる形にしています。このように、術後の仕上がりをイメージして切開する皮膚のボリュームや形状を決めることができるかどうかは、医師のデザイン力によるものです。症例数が少ない医師では難しいかもしれません。

術中の様子です。(写真4・5)
眼輪筋を切開したところ、黄色の矢印の部分に本来はここにあるべきではないミュラー筋があります。(写真4)このような間違った組織の配置が、実際の目の開閉や二重の幅やラインにも大きな影響を与えます。
そこで修正術では、本来この部分にあるべきである挙筋腱膜を改めてこの部分に配置します。初回の手術によって生じた組織と組織の癒着を丁寧に剥がして作業を行います。(写真5)それぞれの組織がすっきりと収まっている感じがなんとなく伝わりますでしょうか。


このように一言でいうと簡単に聞こえるかもしれませんが、出血を最小限に抑えて癒着した組織を剥離する作業はとても繊細で緻密な作業で、医師の経験則が問われます。


※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後1週間の抜糸時の状態です。(写真6)
非常に腫れが生じています。
修正手術では1回目の手術よりも内出血や腫れ、赤みが強く生じることが多いです。


あわせて1か月後の状態もお見せします。(写真7)
通常は時間の経過とともに症状はよくなっていくものですが、本症例の場合、右目の二重ライン(矢印の部分)が一時的に上向きに開いてしまっており、ともすると術前の状態よりも悪化しているかのように見えます。



このように修正手術では、ダウンタイム中に一時的に術前の様子よりも悪化して見えることがあります。修正手術では組織の剥離などの作業は発生するために一度目の手術よりもダウンタイムが長くなります。状態が変化するまで、辛抱強く一緒に頑張っていただければと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

修正手後の赤みや腫れといったダウンタイムは、半年から1年ほどかけて少しずつ改善していきます。改善する経過で一時的に悪化して見えることもありますが、さらに変化していくことがほとんどです。
「一時的な悪化=失敗」ではありませんので、その点を事前にご理解いただいた上で修正手術を受けていただきたいと考えています。

■手術における副作用・デメリットなど

手術後のダウンタイム(赤みや腫れ、内出血など)が半年から1年ほど生じます。また一時的に状態が悪化して見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

眼瞼下垂修正
¥648,000
目頭切開修正
¥324,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

保険診療の眼瞼下垂術によってラインが不自然になった他院症例 不自然なライン 眠たそうな目

保険診療の眼瞼下垂は症状を改善するために行う手術ですので、審美的な面については高いレベルを求めることができません。保険適用ですので実施されるのはもちろん良いと思いますが、特に女性の場合は術後の左右差や…

詳細解説はこちら

幅広二重にしたところ、眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

事前に診察ので目元を確認した際に、この方も前回の手術によって目の開閉をつかさどる筋肉である挙筋腱膜が損傷している可能性が高いと判断しました。よって手術においては挙筋腱膜の修復を中心に行い、また二重ライ…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂術を行ったところ眠たそうなハム目になった症例修正 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

二重切開法や眼瞼下垂術によって眠たそうな目になってしまうのは、前医の手技によって挙筋腱膜が離断してしまい、うまく目を開けることができなくなったために生じる現象です。そのため手術では、離断してしまった挙…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP