目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眼瞼下垂手術後に二重ラインに左右差が生じた他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて眼瞼下垂術を受けたところ、二重ラインに左右差が生じた

■当院医師の見解

他院で眼瞼下垂術を行ったところ、二重ラインに生じた左右差が気になるという症例です。
確かに拝見すると、右目(向かって左側の目)の二重ラインは幅に厚みがありますが、左目(向かって右側の目)は幅がかなり細い二重ラインになっています。

眼瞼下垂術の修正手術を行う場合は、ほとんどのケースにおいて目の開閉に関わる組織の位置関係を根本から見直して修復する必要があります。今回も同様に、組織を修復することで左右差がかなり改善しました。実際に術前後の写真で比較してみるとよくお分かり頂けるかと思います。

また閉眼時の状態もお見せします。(写真3,4)
術前も特にまぶたに傷や凸凹のない状態でしたが、修正手術を行った後も特に傷などはできておりません。

■手術について

切開する皮膚をデザインした状態です。(写真5)
二重ラインに被る皮膚も調整する必要があるため、皮膚切除を行います。

術中の状態です。
内部の組織が凸凹している感じだったのですが(写真6)、この部分をきれいに癒着を剥がして、全体的に均等な感じに改めて配置しました。(写真7)なんとなく雰囲気が変わったのがわかりますでしょうか。

組織の配置調整を行う際には、術後の腫れや内出血を最低限に抑えるためにも、できるだけ出血を防ぎ、組織が浮腫むことがないように迅速且つ丁寧に作業を行うことがポイントになります。


※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

1)二重ラインの形状変化

術後1か月の状態(写真8)では、黄色の矢印で示した部分を中心にかなり浮腫みが残っています。この浮腫みによって右目の二重ラインは特に目頭周辺で幅が広くなっています。

このような状態は次第に落ち着いてきます。

術後8か月の状態です。(写真9)
左右の二重ラインがかなり揃ってきました。このようにアイメイクをすればほぼ違和感もない状態になっています。



2)閉眼時のまぶたの傷や凹み

術後1か月の閉眼時の状態(写真10)と、術後8か月の閉眼時の状態です。(写真11)
術後1か月の時点では、まだまだ傷跡が目立ちます。

なお、1回目の手術と2回目となる修正手術後では、術後の経過が少し異なります。特に修正手術を行った際には、術後一時的に「今までよりも傷が汚くなった」と見えることがあります。
修正手術後の経過としてはよくあるケースですが、驚かれる方もいらっしゃるので、この点については事前に何度もお話しをさせていただいています。時間の経過とともに次第に傷は良くなりますので、そこまで一緒に踏ん張っていただければと思います。

3)術後の腫れ

最後に術後の腫れについてもお見せしたいと思います。

術後1週間の抜糸時の状態です。(写真12,13)

術中は瘢痕や組織をかなり綺麗に剥がしたのですが、それでもこの程度の腫れが生じます。術後1週間程度はこの程度の腫れが生じることをご理解いただければと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

眼瞼下垂の修正手術を行う際は、前回の手術で生じた瘢痕の処理や内部組織の修復作業がほぼ必ず必要になるため、術後はどうしても腫れが生じることが多いです。また一時的に状態が悪化して見えることもあることを知っておいていただければ幸いです。

■手術における副作用・デメリットなど

できるだけ腫れや内出血が出ないように、術中の作業は迅速且つ正確に行っています。しかしそれでもやはり、術後に腫れや赤みは相応に出てしまいます。また、一度の手術後よりも修正手術後のほうが、術後の腫れや赤みが長期化することが多いです。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

眼瞼下垂の修正
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

乱暴な手術による傷跡と眠たそうな目 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

幅広い二重ラインを希望された際に、術後のイメージを医師が具体的に想像できなかった故に眠たそうな(重たそうな)目になってしまうケースが実際によくあります。 また閉眼時の傷跡や傷のラインを気にされる方も多…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂術を行ったところ眠たそうなハム目になった症例修正 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

二重切開法や眼瞼下垂術によって眠たそうな目になってしまうのは、前医の手技によって挙筋腱膜が離断してしまい、うまく目を開けることができなくなったために生じる現象です。そのため手術では、離断してしまった挙…

詳細解説はこちら

左右差とあわせて二重ラインが2本になった症例  左右差 不自然なライン

二重ラインが2本になってしまっているのは皮膚が余っている状態が関係しています。つまり、この方に「切らない眼瞼下垂」という手術がそもそも適応だったのか?という疑問が浮かびます。患者さんとの話し合いの結果…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP