目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

まぶたの凹み・傷が目立つ他院症例の修正

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・二重切開法を受けたら閉眼時のまぶたの凹みが気になる
・二重のラインは今のままでよいのでまぶたの凹みと傷を改善したい

■当院医師の見解

「閉眼時の傷が汚い」「術後の傷が目立つ」「閉眼時に凹みが生じる」など、目を閉じた際に生じる傷を気にされる方も多くいらっしゃいます。

二重ラインは気に入っているので、傷や凹みだけ改善したいという相談も多いのですが、実はこれは簡単なお話しではなく、凹みの修正には目元の組織全体の構造を作り直さないといけないため高度な技術が求められます。

■手術について

切開法による手術を行った場合、すでに瞼板の組織は切除されており皮膚の折り込みを固定するために縫合がされています。

この部分の組織が取り除かれすぎたことで凹みが生じているため、①縫合されている部分の癒着をきれいに剥離する ②すでに除去された部分に組織の代わりとなるものを埋めてボリュームを出す という2つの操作を加える必要があります。

■術後の様子

術前と術後6ヶ月の状態です。
二重ラインの状態は希望通りほぼ変化がないものになっています。


そして目を閉じた状態です。
まぶたに凹みがないのがわかりますでしょうか?
この方の場合は左右差があったため、その部分も加味した上で凹みの改善を行ってます。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

二重切開法後にまぶたの凹みや傷を気にして相談に来られるケースはかなり多いです。特に凹みについては、一度組織を切除して縫合した部分を再度剥離してボリュームを出す修正術のため、難易度がかなり高い修正術になります。場合によっては修正を行ったものの完全に凹みが改善しなかったり、状態が改善されなかったという結果になることもあります。修正術は回数を重ねるほど難易度があがり希望通りに改善しにくくなるため、安易に何度も手術を行わずに症例数が多い医師に早めに相談するようにしてください。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、すでに腱膜や筋肉に処置が加えられたものに対し、組織の癒着を剥離して改めて修正を行うという難儀な作業になります。そのため術後のダウンタイムは一度目の手術よりもかなり長くなります。また状態によっては一時的に症状が悪化したように見えることもあります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

前医の知識不足によって眠たそうな目になった症例 眠たそうな目 不自然なライン

来院された際に目元を確認したところ、黒目がしっかり露出しておらず眠たそうな(重たそうな)二重の状態でした。また切開法を行ったとのことですが、上まぶたの皮膚が余ってしまい上から被っているような状態です。…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂修正術を行ったが、不自然な目元になった症例修正 不自然なライン

診察にいらした際の目元の状態を拝見したところ、2回の手術によって挙筋腱膜が離脱したことでまぶたが開けにくくなっている上に、それによって二重ラインがうまく引き込めずに不自然になってしまっているのではない…

詳細解説はこちら

他院で眼瞼下垂術を行ったところ眠たそうなハム目になった症例修正 眠たそうな目 ハム目・ぷっくり

二重切開法や眼瞼下垂術によって眠たそうな目になってしまうのは、前医の手技によって挙筋腱膜が離断してしまい、うまく目を開けることができなくなったために生じる現象です。そのため手術では、離断してしまった挙…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP