目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

二重切開術後、二重ラインがハムのような状態になった他院症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて二重切開術を受けたところ、二重部分のプックリ感が気になる(ハム目)
・黒目に上まぶたが被っているのも改善したい(眠たそうな目)

■当院医師の見解

他院で全切開の二重手術を受けたところ眠たそうな目になってしまい、また二重ラインがプックリとハムのような状態になっているのが気になるとのことで来院されたケースです。修正手術では、眠たそうな目を改善するために改めて切開を行い内部組織を調整し、再度二重ラインを作ることにしました

■手術について

デザインの状態です。(写真3)
この方はもともと目もとに左右差があったため、術後のイメージをシミュレーションして左右非対称にデザインしています。この辺りのデザイン決めは、医師の経験値はもちろん、センスや感性も関係してくると思います。

術中の状態です。(写真4)
黄色の矢印で示している部分は、本来上にかぶさっているはずの組織がなくなってしまっており、その下にある瞼版という組織が露出しています。

周辺の組織を使ってこの部分を元の状態に戻しました。(写真5)
文字だけを見ると簡単な作業に見えるかもしれませんが、この作業はとても緻密である上に、出血が多いと術後の腫れや赤みがひどくなるため、できるだけ最小限の出血に抑えて組織の癒着をはがして少しずつ移動させるという繊細な技術力が求められます。今回もほぼ出血はなく修復を終えることができました。



※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後7日目の抜糸時の様子です。(写真6)
内部組織の癒着をはがし移動をさせるという複雑な操作を行っているため、腫れは初回の手術後よりもかなり大きく生じます。

術後1か月の様子です。(写真7)
7日目と比較するとかなり落ち着いてますが、それでもまだ二重のラインは定まっておらず、ラインの幅が目頭・中央・目尻で異なっています。

術後3か月の様子です。(写真8)
この程度の腫れになると、それほど気にならないという方も多いのではないでしょうか。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

二重手術はオーソドックスな美容整形として最も人気がある手術ですが、特ここ最近は「術後に二重ラインがハムのようにプックリしてしまった」「二重にはなったけど今度は眠たそうな目になった」といったご相談に来られる方が増えています。クリニック選び、医師選びはくれぐれも慎重に行っていただければと思います。

■手術における副作用・デメリットなど

初回の手術と異なり、修正手術は術後の腫れや赤みが大きく生じることがほとんどで、通常の状態に戻るまでに半年から1年程度かかることもあります。また術後の経過においては、一時的にそれまでの状態よりも悪化して見えることもあります。通常の状態に戻るまでは、根気よく一緒に頑張ってもらえればと思います。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

他院で眼瞼下垂修正術を行ったが、不自然な目元になった症例修正 不自然なライン

診察にいらした際の目元の状態を拝見したところ、2回の手術によって挙筋腱膜が離脱したことでまぶたが開けにくくなっている上に、それによって二重ラインがうまく引き込めずに不自然になってしまっているのではない…

詳細解説はこちら

眼瞼下垂手術のマイナー調整(※微修正は逆に大変労力がかかります) 眠たそうな目 瞼の凹み、傷跡

他院で眼瞼下垂術を行ったものの、二重のラインなどに納得いかず相談に来られた方です。拝見すると、確かにまぶたが黒目に被っていて眠たそうに見えます。今回は、大きく変化を加えるのではなく、ほんの少しだけ微調…

詳細解説はこちら

左右差がある二重術の修正症例(他院にて修正2回目の他に脂肪注入も実施) 左右差

二重切開法を行った後、すでに他院で修正術を行っている他、さらに他院で脂肪注入術も行っていた方です。当院に来られる前にすでに3回目元の手術を行っているため、皮膚や組織がかなり堅固に癒着していることが想定…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール
・東京医科大学卒業
・東京医科大学大学院修了
・東京医科大学外科学第一講座勤務
・自由が丘クリニック勤務
・ニューヨーク大学形成外科に留学
・山本皮フ科形成外科勤務
・昭和大学病院形成外科にて研修
・独立開業
所属学会
・日本内科学会
・日本外科学会
・日本美容外科学会
・日本癌学会
・日本美容医療協会
・日本臨床抗老化医学会
・日本形成外科学会
資格他
・医学博士(甲種)
・日本外科学会認定医
・日本アンチエイジング外科学会名誉理事
・JAASアカデミー最高指導医
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP