目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

医師の技術力不足!広すぎて不自然なライン

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・「幅広二重にしたい」と切開法をお願いしたら広すぎる二重になった
・眠たそうで重たい目元になってしまった
・二重ラインが分かれている

■当院医師の見解

経験不足な医師に多いのが、患者さんが希望する「幅広い二重」をそのまま実際に手術で実現するケースです。
患者さんが希望する「幅広二重」は目元がすっきりしていて黒目がちで目ヂカラのあるものではないと意味がありません。そのような言葉の先のイメージを考えないままに、単純に「幅広二重」にしてしまうと、患者さんの理想と全く違う結果になります。

今回の方の場合、目を開けた状態で余った皮膚が上から被さってしまっているため、この部分を切除しないといけません。ただし切除ラインを間違うとさらにひどい形の二重ラインになってしまいます。術後のデザインをイメージして切開を行うことがポイントです。
さらに目の開閉機能である挙筋腱膜が損傷しているのもしっかり目が開かない原因と想定されるため、この部分も改善する必要があります。

■手術について

術前の皮膚切除のデザインです。今回の手術では特にこのデザインが最も鍵を握る部分とも言えます。(写真3)


実際にデザインを施したまま目を開けると、このような状態になります。(写真4)


眼輪筋を切除してみた際の状態です。水色で囲んだ部分は通常であれば組織が均等に散っているのが普通ですが、この方の場合、黄色く囲んだ部分の挙筋腱膜が目視で見えない状態になっています。さらに、通常この状態では見えることがないミュラー筋という筋肉が表に出てしまっています。(写真5)


参考までに水色・黄色の囲み線のないものも掲載します。比較していただくとわかりやすいかもしれません。(写真6)
これらの配置の異常によって、目を開ける力が弱くなってしまったと考えられます。そこでこれらの位置を正常な位置に戻す作業を行います。いずれも組織を傷つけずに迅速に修復することがポイントです。作業が遅くなると浮腫みや腫れの原因になります。

修復が完了した状態です。(写真7)全体的に組織が均等になっているのが伝わりますでしょうか。

■術後の様子

術後5日の抜糸時の様子です。
かなり落ち着いてきていますが、まだ腫れによって二重ラインが不自然な状態になっています。修正術の場合は3か月から半年程度かけて少しずつ状態が改善していくため、焦らずにじっくりと経過を追っていただければと思います。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

時々、術後の経過に不安を感じられて他のクリニックに診察に行かれる方がいらっしゃいます。その際に多くの医師が、「当院だったら皮膚切除ですぐにラインをもとに戻せますよ」と語りかけることが多いそうです。

ご理解いただきたいのは、修正術はそんなに簡単なことではありません。今の状態で皮膚のみを切除してしまっては、逆に今度は皮膚が足りなくなって目が閉じなくなることもあり得ます。術後の経過については、焦りや不安、ジレンマなどもあるかもしれませんが、半年程度は様子をみていただきたいと何度も言っております。途中の段階で追加の手術を行うことは避けるようにお願いいたします。

■手術における副作用・デメリットなど

修正手術は、皮膚切除のみではなく腱膜や筋肉も含めた修正作業を行うことがほとんどです。そのため術後の腫れや浮腫みは1回目よりも長期間に渡るケースがほとんどです。事前の診察の際にその点は必ず確認をしておりますが、術後も3か月から半年程度は慌てずに経過観察をしていただきたいと思います。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

幅広二重にしたところ術後に眠たそうな目になった他院症例 眠たそうな目 不自然なライン

他院で二重切開法で幅広二重を希望したものの、仕上がりが眠たそうな目になってしまったという症例です。「眠たそうな目になった」というのはここ数年でよく相談いただくようになった失敗症例ですが、多くの場合、患…

詳細解説はこちら

保険診療の眼瞼下垂術によってラインが不自然になった他院症例 不自然なライン 眠たそうな目

保険診療の眼瞼下垂は症状を改善するために行う手術ですので、審美的な面については高いレベルを求めることができません。保険適用ですので実施されるのはもちろん良いと思いますが、特に女性の場合は術後の左右差や…

詳細解説はこちら

左右差とあわせて二重ラインが2本になった症例  左右差 不自然なライン

二重ラインが2本になってしまっているのは皮膚が余っている状態が関係しています。つまり、この方に「切らない眼瞼下垂」という手術がそもそも適応だったのか?という疑問が浮かびます。患者さんとの話し合いの結果…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP