目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

他院で二重切開術後、ハム目・眠たそうな目になった修正症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・他院にて二重切開術を受けたところ、二重ラインの部分がぷっくりしている(ハム目)
・術後に眠たそうな目になった
・目を閉じた際の瞼の傷の凹みも気になる

■当院医師の見解

他院で全切開による二重術を受けられた症例です。眠たそうな目になり黒目の上側にまぶたが被さってしまっています。このような場合は、切開後に挙筋腱膜やミュラー筋の調整を行い、新たに二重ラインを作る作業を行います。挙筋腱膜やミュラー筋の位置調整が非常に大切なポイントとなるため、患者さんに座ったり寝たりしていただき何度も調整を行う必要があります。

実際の術前後の閉瞼時の写真を見てみます。術前(写真3)と術後半年(写真4)で見てみると、まつ毛から二重ラインまでの距離が短くなっているのが分かります。また術前にあった傷の凹みもかなり改善しています。下の方を見た際も傷の凹みが目立ちません。(写真5)

■手術について

デザインの状態です。(写真6)
皮膚の余りはそれほどありませんが、まぶたの傷も綺麗にするために皮膚切除を行いました。

術中の状態です。(写真7)
黄色の矢印で示した部分が瞼板という軟骨なのですが、瞼板の上にある組織がなくなっており皮膚に近い部分に存在しています。そのため他の組織を使ってこの部分をうまく修復する必要があります。初回の手術によって組織が癒着しているため、出血を避けて慎重に作業を進めなければいけません。
その後挙筋腱膜とミュラー筋の位置修正と再固定を行います。この固定位置を間違うと、眠たそうな目になったり閉瞼時にしっかりとまぶたが閉じなくなってしまうため、何度も確認して微調整を行います。

全ての修正が終わった段階です。(写真8)
先ほど露出していた瞼板(白い部分)を覆うように組織ができているのがわかりますでしょうか。出血も少なく、鬱血することもなく完了しました。

※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンなどがあるためご注意ください)

■術後の様子

術後7日目の抜糸時の状態です。(写真9.10)
癒着をはがし腱膜や筋肉に操作を加えているため非常に腫れが生じます。閉瞼時においては、一時的に左目に閉瞼不全(しっかりとまぶたが閉じずに白目が見える状態)になっています。
1か月目の状態です。(写真11.12)修正手術は術後少しずつ経過が変化していきます。先ほどの閉瞼不全が解消しています。とはいえ、まだ腫れや赤みは非常に気になるかと思います。
3か月目の状態です。(写真13)ご本人は「メイクで隠せる程度になった」とお話しをされていました。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

幅広の二重を希望した際に、「眠たそうな目」「ぷっくりした二重ライン(ハム目)」になるケースが増えています。いずれもミュラー筋や挙筋腱膜が損傷していたり固定位置が変化してしまうことで生じる症例です。修正には医師の技術力が要求されます。

■手術における副作用・デメリットなど

毎回申していますが、修正手術は一度目の手術とは全く異なる術後の経過をたどります。一時的に一度目の術後よりも悪化して見えることも多いです。完全に落ち着くまでには半年から1年ほどかかることもあるため、それまでは担当医である私と信じで、一緒に頑張っていただければと思います。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

二重整形の修正(切開法・部分切開法)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

左右差とあわせて二重ラインが2本になった症例  左右差 不自然なライン

二重ラインが2本になってしまっているのは皮膚が余っている状態が関係しています。つまり、この方に「切らない眼瞼下垂」という手術がそもそも適応だったのか?という疑問が浮かびます。患者さんとの話し合いの結果…

詳細解説はこちら

韓国美容外科で目尻切開術後、不自然な形状・ドライアイ・逆さまつ毛といった症状が生じた症例 不自然なライン

目尻切開術は、目の横幅(外側の白目部分)を大きくする効果がある手術です。やりすぎると、目尻だけ「アッカンベー」をしているような不自然な状態になることが多いため、個人的にはできるだけ控えめに行ったほうが…

詳細解説はこちら

二重切開法を行ったものの、目尻側のラインが薄い症例(他院修正) 不自然なライン

他院で二重切開を行ったものの、目尻側の二重のラインが薄く、また全体の二重の形も気になるとのことでご相談に来られた方の症例です。 「切開法で二重まぶたにしたものの、二重の形が安定しない」という相談も多く…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP