目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

眠たそうな上に左右差がある症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・眼瞼下垂術を行ったところ左右差が生じた
・右目はラインが不自然で、左目は眠たそうな目になっている

■当院医師の見解

眼瞼下垂術や二重整形によって、左右差ができたという相談も多くあります。元々目元に左右差がある場合は、術前にその差を鑑みた上で手術を行う必要がありますが、なかなかこのような左右差を加味した上で手術を行うことができる医師は少ないのが現状です。
今回の方は、もともとは左右差がなかったものの前回の手術によって左右差が生じたため、眠たそうな目の改善とあわせて二重ラインの修復作業を行います。

■手術について

術前のデザインです。
左右差を改善するために左右のデザインが異なるものになっています。術前に仕上がりの状態をイメージしながらデザインすることがポイントで、この部分は医師の能力ともいえるでしょう。



眼輪筋を切除した状態です。(写真3)
もともとの位置からずれて、黄色の矢印が差す部分に挙筋腱膜が引っ込んでしまっています。挙筋腱膜が正しい位置からずれていることが原因で、開眼力が鈍ってしまい眠たそうな目元になってしまっていました。


修復が完了した状態です。(写真4)
挙筋腱膜を引っ張りだして、黄色矢印で刺した部分(白い組織)に移動させました。その後は左右差を修正するために二重ラインを改めて作り直しました。

■術後の様子

術後5日目の抜糸時の状態です。
修正術は初回の手術と異なり、腫れや内出血が落ち着くまでに時間がかかります。この方の場合も、術後5日の様子ではまだ改善しているのかわからない状態です。1か月経過した段階では左右差が改善したのがわかりますが、まだ腫れは残っています。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

眼瞼下垂の修正術では、癒着した組織を丁寧に剥離して適切な位置に戻す作業を行います。癒着した組織は糊で2枚の紙をくっつけたようにぴったりと合わさっており、紙を破らずに2枚にはがす作業に似ています。まさに根気と緻密な手技が必要な作業です。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術は、術後の腫れや内出血が落ち着くまでに時間がかかります。一般的には3か月から半年程度ですが、術前の状態や手術の難易度などによっても異なります。いずれにせよ初回の手術よりもダウンタイムが長くなる点は事前にご認識ください。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

眼瞼下垂の修正(二重の形成を含む)
648,000円

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

2度の手術で眼瞼下垂・不自然な二重になった症例 眠たそうな目 不自然なライン 瞼の凹み、傷跡

2回の手術によって、挙筋腱膜があるべき場所から離れてしまっているため目が開けにくくなってしまった症例です。特に右目内側で強く出ています。修正手術では、離断している挙筋腱膜をもとの状態に戻し、瞼が凹んで…

詳細解説はこちら

医師の技術力不足!広すぎて不自然なライン 広すぎるライン 不自然なライン 眠たそうな目

経験不足な医師に多いのが、患者さんが希望する「幅広い二重」をそのまま実際に手術で実現するケースです。 患者さんが希望する「幅広二重」は目元がすっきりしていて黒目がちで目ヂカラのあるものではないと意味が…

詳細解説はこちら

他院修正の術後、一時的に左右差が生じた症例 眠たそうな目 左右差

他院にて二重切開法(切開重瞼術)を行ったところ、術後にまぶたがしっかり開かず眠たそうな目になってしまった症例です。 最初に術前後の写真を見ていただければと思いますが、黒目が見える範囲が広くなり、目元が…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP