目元・鼻の整形 他院修正症例集

他院修正・やり直し手術に特化した医師が解説・まとめ

他院で行った小鼻縮小術後のわずかな左右差を調整した症例

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■本人の主訴

・小鼻の左右差が気になる
・小鼻をもう少し小さくしたい

■当院医師の見解

他院にて小鼻修正術を行ったものの、左右差が気になるのとあわせて小鼻をもう少し小さくしたいとご相談に来られた方の症例です。

患者様のおっしゃるお悩みは理解できるものの、これ以上の調整についてはかなり難しいと思われ、小鼻の形状修正(小鼻をもう少し小さくする)とあわせて左右差調整を行う方向で修正術を行うこととしました。

術前(写真1)・術後6か月(写真2)の様子です。

小鼻の大きさが少し小さくなったのとあわせて、左右差も軽減したのがお分かりいただけますでしょうか。

■手術について

術前(写真3)と術後6か月(写真4)の様子を斜めから見た状態です。
小鼻の垂れ下がり方に若干変化が生じています。

横から見た状態です。術前(写真5)の黄色の矢印で示した部分が、術後6か月(写真6)では少し上がっているのがお分かり頂けますでしょうか。

細かな微調整を行うことでわずかな左右差を改善しているのですが、このような作業には、術後の仕上がりの状態を事前にイメージし、実際にそれを術前の段階で落とし込むデザイン力が要求されます。この方の場合も、術前に行うマーキングでは写真のように左右で異なるデザインを行っています。(写真7)

人間であれば誰でも左右差があります。ですので初回の手術を担当した医師の技術面に問題があったとは思いませんが、もし初回の手術時にこのような左右差を汲み取った形でデザインをしていれば、結果は異なっていたのかもしれません。


※本症例の関連動画はこちらです。
(出血シーンが含まれておりますのでご注意ください)

■術後の様子

術後6か月後の写真を再掲します。
今回のケースでは術後6か月でほぼ赤みや腫れなどが目立たない状態になっていますが、修正術は一般的に、初回の手術よりも赤み、腫れ、内出血などが長引くことが多いです。

修正前(来院時)
修正後(手術後)

■留意点

小鼻縮小術をご提案させていただいた際に、「小鼻縮小術を単独で行うと鼻先のバランスがおかしくなるのでは?」という質問を患者様から頂くことがあります。小鼻の手術を行う際には鼻尖の調整も必ず必要であると他院で言われて、実際にそのように思われている方も多くいらっしゃるようです。

医師によって手術法や考え方は異なるので一概にはもちろん言えませんが、私としては、小鼻縮小術を行う際に必ず鼻尖の手術を併用する必要はないと考えています。

「最小限」の手術で最適な状態にすることを最優先で考えていますし、術後に鼻尖が気になってしまうような状態になるのであれば、そもそもその方に対して小鼻縮小術が適応という判断が正しいのか?という根本から見直す必要があると考えているからです。

医師や医療機関によって手術に対する考え方は千差万別ですので、手術前にまずは担当医とよく話し合うことが大事です。美容整形を成功させる第一歩は、「担当医とよく相談すること」であると考えています。

■手術における副作用・デメリットなど

修正術は、初回手術によって生じた組織の癒着を丁寧に剥離して作業を進める必要があるため、1回目の手術よりも術後の腫れ、赤み、内出血が長引く可能性があります。

■手術費用 ※価格はすべて税込み

小鼻縮小修正(鼻翼縮小修正)
¥462,000

より詳細の治療法や料金を知りたい際には上記本サイトをご覧ください。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

鼻先部分にプロテーゼの境界線が見える他院症例の修正 鼻の段差

他院でプロテーゼ挿入を行ったところ、鼻先部分でプロテーゼとの境界線が目立っているとの相談で来院されたケースです。挿入されているプロテーゼを抜去し、新しいプロテーゼを挿入する修正手術を行いました。 …

詳細解説はこちら

他院にて鼻中隔延長術・鼻尖形成等を行ったあと、鼻の高さと向きを調整した修正術 鼻尖形成のやりすぎ 鼻中隔延長のやりすぎ

今回は他院で鼻中隔延長術、鼻孔縁下降術、鼻翼縮小術を行った方の症例です。術前・術後1か月の写真を見比べていただければと思います。(写真1,2,3,4,5,6) ※クリックすると写真が拡大します。 診…

詳細解説はこちら

鼻尖形成で鼻先が長くなりすぎた他院症例の修正 鼻尖形成のやりすぎ

他院で鼻中隔延長術、鼻尖形成術(団子鼻修正・鼻尖軟骨縫縮術)を行ったところ、鼻筋や鼻先が不自然な状態になったというケースです。 手術による変化はしっかり出ているのですが、逆に「やりすぎ」とでも言いまし…

詳細解説はこちら

執刀医

山本クリニック院長
医療法人社団 豊季会 理事長

山本 豊

プロフィール詳細
閲覧者が多い失敗症例

PAGE TOP